編集手帳

訴訟だということを忘れそうになる

投稿日:2018年6月6日 更新日:

2018年6月6日付け「編集手帳」要約

「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。
それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。
どんな裁判になるのだろう。
立証の舞台は遥かに遠い。
あのパリッとしたニッキ風味の焼き菓子について、古都の歴史を背景に誕生物語がひもとかれるのだろうか。
さすが京都というほかはない。
ああ、いけない。
訴訟だということを忘れそうになる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.05付け「編集手帳」要約

心を揺さぶられる色「朱」

2018年1月5日付け「編集手帳」要約 稲荷社の鳥居の「朱」 その語源は「明く」、夜がアク、日に染まった東方の色がアカであり、日の本の国にふさわしい色とも言える。 斎藤茂吉も帰国した際にこの色に心を揺 …

2017.10.15付け「編集手帳」要約

信頼関係無くして平和解決はない

2017年10月15日付け「編集手帳」要約 核戦争が危ぶまれた、1962年のキューバ危機の際、 ケネディ大統領は軍を抑え、フルシチョフ首相はキューバの核ミサイル基地撤去を決断し、戦争を逃れた。 当時の …

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2018.01.17付け「編集手帳」要約

答えが地図にあるとはかぎるまい

2018年1月17日付け「編集手帳」要約 大学入試センター試験・地理Bでムーミンの舞台がフィンランドであることを前提とする問題が出た。 原作に地域の記述はない。 A国人が書けば、むろん舞台もA国…そん …

2018.05.27付け「編集手帳」要約

魔法を期待するのは夢物語なのか

2018年5月27日付け「編集手帳」要約 カンヌ映画祭で河瀬直美監督とジュリエット・ビノシュさんが出会う。 その縁が監督の創作意欲をかき立て、ビノシュさんが映画に出演する。 それは映画祭の持つ魔法の力 …