編集手帳

回文の様に巡らないか心配な結果

投稿日:2018年6月5日 更新日:

2018年6月5日付け「編集手帳」要約

少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。
〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。
「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改ざん問題で、処分対象者は20人にのぼった。
随分と職員の労働を〈うかつに使った〉ようだ。
当時の理財局長の佐川氏の指示を認定はしたが、指示を認めたかは定かでない。
こんな曖昧な結末では、同じことが再び巡らないかと心配になる。
回文のように。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …

2017.05.11付け「編集手帳」要約

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

2017年5月11日付け「編集手帳」要約 〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。 と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。 新大統領、文在寅氏はどうだろう …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2018.01.19付け「編集手帳」要約

また負けてしまった。

2018年1月19日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を沸かせた取組の一つに、麒麟児−富士桜がある。 今の大相撲はこの一番がないが、取組によらず興奮の中に歓声の上がる取組がいくつもある。 相撲人気の揺 …

2018.07.06付け「編集手帳」要約

役人としてもお父さんとしても…

2018年7月6日付け「編集手帳」要約 〈唐突だが/奈々子/おとうさんは お前に/多くを期待しないだろう/… お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ〉(吉野弘『奈々子に』) 文部科 …