編集手帳

回文の様に巡らないか心配な結果

投稿日:2018年6月5日 更新日:

2018年6月5日付け「編集手帳」要約

少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。
〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。
「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改ざん問題で、処分対象者は20人にのぼった。
随分と職員の労働を〈うかつに使った〉ようだ。
当時の理財局長の佐川氏の指示を認定はしたが、指示を認めたかは定かでない。
こんな曖昧な結末では、同じことが再び巡らないかと心配になる。
回文のように。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.27付け「編集手帳」要約

これが最強の布陣なのか

2017年4月27日付け「編集手帳」要約 ひとつの内閣がどれほどの緊張感を持って国政にあたっているか。 その度合いは人事にも表れる。 ここぞという勝負どころでは慣例や情実を排し、「最強布陣」で挑むもの …

2018.08.18付け「編集手帳」要約

もう対懣はよしましょう

2018年8月18日付け「編集手帳」要約 〈タイマンをはる〉の語源は雑学本によると古代中国の「対懣」とされている。 だが。中国の文献では見かけることはなくちょっと怪しい。 東シナ海に設ける禁漁期が今年 …

2018.02.21付け「編集手帳」要約

何かをして罪を感じない心とは?

2018年2月21日付け「編集手帳」要約 ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。 「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている …

2017.09.23付け「編集手帳」要約

企業トップの覚悟を問う

2017年9月23日付け「編集手帳」要約 不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか。 現実から目を背けず責任の所在を明らかにし、根本から改める。 心底からやり切る覚悟が経営者にな …

2018.06.12付け「編集手帳」要約

微動だりしないちゃぶ台を願う

2018年6月12日付け「編集手帳」要約 〈ちゃぶ台返し〉 英語でも、〈ちゃぶ台〉を〈テーブル〉に代えるだけで通じるらしい。 トランプ米大統領、G7のホスト国、カナダのトルドー首相に対して怒りが抑えき …