編集手帳

名奉行は現れるだろうか

投稿日:2018年6月4日 更新日:

2018年6月4日付け「編集手帳」要約

江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。
江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。
金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に語り継がれたのも、行政に競争原理を導入した効果かも知れない。
国有地売却問題で揺れる財務省は「自閉的共同体」に陥っていたのではないか。
財務省は関係者の処分と新体制を近く発表する。
組織の風通しを良くする名奉行は現れるだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.26付け「編集手帳」要約

パカッと開けてみたくなる

2018年8月26日付け「編集手帳」要約 近年人気上昇中のサバ缶は、最近のブームで品薄だという。 生産量で長年君臨した缶詰の王者、ツナ缶を抜き去った。 大手メーカーは、原料の高騰を理由に9月の出荷から …

2018.04.13付け「編集手帳」要約

だれの隣にも希望がいる

2018年4月13日付け「編集手帳」要約 〈絶望の隣に/だれかがそっと腰かけた/絶望は/となりのひとにきいた/「あなたはいったいだれですか」/となりのひとはほほえんだ/「私の名前は希望です」〉 アンパ …

2018.09.24付け「編集手帳」要約

懲りないウォール街

2018年9月24日付け「編集手帳」要約 ちょうど10年前に起きたリーマン・ショック。 危機の発端は、低所得者向けの住宅ローンに関連した米国の金融商品。 金儲け優先で、中身も分からずに取引した結果だっ …

2017.11.19付け「編集手帳」要約

時代錯誤も甚だしい

2017年11月19日付け「編集手帳」要約 先日トランプ米大統領が訪中した際、習近平主席は「太平洋は米中両国を受け入れるのに十分な大きさがある」と述べた。 米中主導でアジア太平洋の新秩序を気づくことを …

2017.05.14付け「編集手帳」要約

カーネーション一輪が支える橋

2017年5月14日付け「編集手帳」要約 1917年に発表された『和解』(志賀直哉)の主題は、父を息子の確執である。 最後は、深い溝が埋まり、父子が涙する大団円を迎える。 百年たって、確執劇の主役は母 …