編集手帳

きれい事でない本音を聞きたい

投稿日:2018年6月3日 更新日:

2018年6月3日付け「編集手帳」要約

失敗の許されぬ社会実験に逡巡や葛藤がなかったのか、胸のうちを訪ねてみたい。
壱岐諸島の海士町で16年町長を務めた山内道雄さんである。
地方創生の成功例として改革を進め、離島に数百人ものIターン者を呼び込んだ。
よそから来た人、島民、官民が入り混じり、多様な物語が紡がれた。
けれど、きれい事だけでは済まされぬ、別の本音もあっただろう。
生き残りの大号令にせき立てられ、灰色の領域で迷う首長さんは多かろう。
今だからこそ語れる助言が道しるべになる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.29付け「編集手帳」要約

罪な会社

2017年6月29日付け「編集手帳」要約 一体何時の時代の出来事だろう。 奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。 車いすごと担いだり、抱きかかえて …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …

2017.12.20付け「編集手帳」要約

時代の空気を読むことが大事

2017年12月20日付け「編集手帳」要約 忘年会シーズンである。 例年、前後不覚になり警察の世話になる人が急増する時節である。 そんな人に、ウイスキーのラベルを見比べるというおまじないを友人から聞い …

2017.07.20付け「編集手帳」要約

色鮮やかに感じられない梅雨明け

2017年7月20日付け「編集手帳」要約 きのう、西は中国、四国から、東は関東甲信の各地方にかけて、梅雨が明けた。 例年であれば、白波五人男『浜松屋店先の場』の弁天小僧が片肌を脱ぐ場面のように、色彩の …