編集手帳

東京の油井は観光資源を掘る

投稿日:2018年6月2日 更新日:

2018年6月2日付け「編集手帳」要約

2年後に迫る東京五輪のマラソンコースが決定した。
北は浅草、南は増上寺付近で折り返す。
それぞれ東京スカイツリー、東京タワーのふもとにあたる。
二つの巨塔が世界中のお茶の間のテレビに映り、産油国の方々が油井と勘違いされるかも知れない。
資源小国の油井──この比喩、そのうちジョークと言えなくしたい。
観光という資源をどんどんと掘っていく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.16付け「編集手帳」要約

日本の4年後の奇跡を信じよう

2018年7月16日付け「編集手帳」要約 サッカーのワールド・カップに熱狂した今夏、奇跡という言葉によく突き当たった。 日本のコロンビア打倒を「小さな奇跡」と表現したり、ロシアの8強入りした粘りも奇跡 …

2018.05.23付け「編集手帳」要約

会見を幹部はどう思ったのだろう

2018年5月23日付け「編集手帳」要約 矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。 アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。 実践形式の練習を …

2017.04.22付け「編集手帳」要約

支持率は熱に溶けやすい

2017年4月22日付け「編集手帳」要約 〈スキャンダルは/キャンドルだと私は思う/人間は/このキャンドルの灯で、しばし/闇のおちこちを見せてもらうのだ…〉(吉野弘・『SCANDAL』) 照らされて闇 …

2017.08.28付け「編集手帳」要約

若者の××離れ

2017年8月28日付け「編集手帳」要約 最近の若者はモノへの執着心が薄いと見る向きもある。 だが、今年の消費者白書によると、若者の消費行動の背景には将来への不安があるという。 「買わない」のではなく …

2017.01.08付け「編集手帳」要約

人間は野菜ほど強くない

ネギやダイコンなどは冬の寒さに触れて甘みを帯びる。 松が開けたところで、野菜に倣って冷気にあたり、緩んだ我が身に活を入れる。 それもいいかなと思うが、この時期に体調を崩す「正月病」には体を温めて睡眠の …