編集手帳

笑顔で懺悔の6月をもう一度

投稿日:2018年6月1日 更新日:

2018年6月1日付け「編集手帳」要約

8年前のW杯の岡田監督率いる日本代表は期待値が低かった。
ところが本番に入るとまさかの躍進。
その年の流行語の一つは「岡ちゃん、ごめんね」だった。
W杯ロシア大会の代表23人が発表された。
西野監督の心境はいかがだろう。
期待値という点では岡田監督の頃に似ていよう。
笑顔で懺悔の6月を、もう一度。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.24付け「編集手帳」要約

無情な言葉の放水を浴びた心地

2014年5月24日付け「編集手帳」要約 「(がん患者は)働かなくてもいいのではないか」。 自民党の大西英男衆院議員が党の部会で発言し、あとで謝罪した。 昨年、一昨年に続く謝罪。 がんを患う人が働くこ …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2017.05.30付け「編集手帳」要約

わが身に「驚け」と命じている

2017年5月30日付け「編集手帳」要約 「驚く」は、はたから強要したり、されたりするものではないのかも知れない。 それを承知でわが身に「驚け」と命じている。 北朝鮮が3週連続で日本海に弾道ミサイルを …

2017.04.22付け「編集手帳」要約

支持率は熱に溶けやすい

2017年4月22日付け「編集手帳」要約 〈スキャンダルは/キャンドルだと私は思う/人間は/このキャンドルの灯で、しばし/闇のおちこちを見せてもらうのだ…〉(吉野弘・『SCANDAL』) 照らされて闇 …

2017.09.01付け「編集手帳」要約

万全の備えを歴史に学べ

2017年9月1日付け「編集手帳」要約 関東大震災で、〈流行蜚語におどらされた男たち〉による朝鮮人の虐殺から94年、きょう震災忌である。 小池百合子知事が朝鮮人犠牲者の慰霊式典への追悼文を取りやめると …