編集手帳

笑顔で懺悔の6月をもう一度

投稿日:2018年6月1日 更新日:

2018年6月1日付け「編集手帳」要約

8年前のW杯の岡田監督率いる日本代表は期待値が低かった。
ところが本番に入るとまさかの躍進。
その年の流行語の一つは「岡ちゃん、ごめんね」だった。
W杯ロシア大会の代表23人が発表された。
西野監督の心境はいかがだろう。
期待値という点では岡田監督の頃に似ていよう。
笑顔で懺悔の6月を、もう一度。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.20付け「編集手帳」要約

デパート勢に奮起のエールを送る

2017年4月20日付け「編集手帳」要約 松坂屋銀座店の跡地に「GINZA SIX」がきょう開業する。 銀座の主役がデパートからテナントに移りつつあるらしい。 銀座の風景は、どう変わっていくのだろう。 …

2018.04.16付け「編集手帳」要約

不正行為を呼ぶ暗号となってはいけない

2018年4月16日付け「編集手帳」要約 コナン・ドイル作「踊る人形」でシャーロック・ホームズは人形に隠された暗号を解読し、犯人の心の中を言い当てた。 現代のネット社会にも、人の心を読み解く手法が広が …

2017.03.30付け「編集手帳」要約

甘いカステラの語源

2017年3月30日付け「編集手帳」要約 カステラの語源は、「カスティーリャの焼き菓子」を意味するポルトガル語とされる。 隣国のスペインの地名を含んでいるのはなぜか? 岡美穂子・東京大学准教授の研究に …

2018.07.27付け「編集手帳」要約

台風が見物に来ないことを祈る

2018年7月27日付け「編集手帳」要約 ボブ・ディラン氏がフジロック・フェルティバルに出演する。 『ライク・ア・ローリング・ストーン』をいっしょに口ずさめば、すてきな時間を過ごせるに違いない。 だが …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …