編集手帳

現実にあった横暴な神の寓話

投稿日:2018年5月31日 更新日:

2018年5月31日付け「編集手帳」要約

良心が試されたと思えばどうだろう。
日大アメフト部の学生である。
自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。
関東学生アメフト連盟は彼に期限・条件付きで復帰を認めた。
他方、前監督と前コーチは永久追放となった。
たしか横暴ゆえ世界を壊しそうになり、追放された神の物語が何かの寓話にあった。
調べてもいいが、教訓を得るためなら現実で十分過ぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.17付け「編集手帳」要約

♪みんなが笑ってる〜

2018年3月17日付け「編集手帳」要約 経営不振の東芝が「サザエさん」のスポンサーを降り、アマゾンが加わると伝えられる。 ♪買い物しようと街まで出かけない… という替え歌も歌われると聞く。 そのアマ …

2017.09.29付け「編集手帳」要約

公約の用法を見極めねばならない

2017年9月29日付け「編集手帳」要約 衆院が解散され、晩秋の選挙となる。 直前まで解散の影もなかったからか、突貫工事の公約づくりがどうも心もとない。 与党も野党も、患部に正しく聞く膏薬ならぬ公約を …

2017.10.09付け「編集手帳」要約

使命感にあふれ、公に尽くす選良を望む

2017年10月9日付け「編集手帳」要約 中国・清朝の雍正帝。 皇太子でもなく、40代まで部屋住みだっただけに、即位に「天命」を自覚したという。 〈天下政治のために働いて働き通した〉と評された。 国会 …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …

2018.03.27付け「編集手帳」要約

日本にはすごい花がある

2018年3月27日付け「編集手帳」要約 昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。 現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程 …