編集手帳

現実にあった横暴な神の寓話

投稿日:2018年5月31日 更新日:

2018年5月31日付け「編集手帳」要約

良心が試されたと思えばどうだろう。
日大アメフト部の学生である。
自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。
関東学生アメフト連盟は彼に期限・条件付きで復帰を認めた。
他方、前監督と前コーチは永久追放となった。
たしか横暴ゆえ世界を壊しそうになり、追放された神の物語が何かの寓話にあった。
調べてもいいが、教訓を得るためなら現実で十分過ぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.12.06付け「編集手帳」要約

〈場〉の力

2018年12月6日付け「編集手帳」要約 「場から受ける力」、というと重力だの磁力だの物理学ではなく、 今秋の渋谷でのハロウィーン騒動の仮装大会の〈場〉から受ける〈魔力〉を思う。 トラックを横転させ、 …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2018.07.26付け「編集手帳」要約

初めっから逃げることにする

2018年7月26日付け「編集手帳」要約 〈いずれ駄目になることが分かっていて、それでも破滅からいかに逃れるかというテーマに積極的に向き合わなければならない〉(「私の社会復帰」阿佐田哲也) 先ごろ国会 …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.06.13付け「編集手帳」要約

大川村のうぐいすは人来と鳴く

2017年6月13日付け「編集手帳」要約 平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。 〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。 「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ね …