編集手帳

現実にあった横暴な神の寓話

投稿日:2018年5月31日 更新日:

2018年5月31日付け「編集手帳」要約

良心が試されたと思えばどうだろう。
日大アメフト部の学生である。
自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。
関東学生アメフト連盟は彼に期限・条件付きで復帰を認めた。
他方、前監督と前コーチは永久追放となった。
たしか横暴ゆえ世界を壊しそうになり、追放された神の物語が何かの寓話にあった。
調べてもいいが、教訓を得るためなら現実で十分過ぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2018.03.04付け「編集手帳」要約

どっぷりと湯につかりたい

2018年3月4日付け「編集手帳」要約 本白根山の噴火から一月余り、草津温泉はにぎわいを取り戻しつつある。 ただ、まだ本調子ではないらしい。 大地からとうとうとわき出る湯に古来、日本人は特別な思いを抱 …

2017.05.03付け「編集手帳」要約

西遊記と重なる日本国憲法の歩み

2017年5月3日付け「編集手帳」要約 日本国憲法とともに歩んだ戦後の70年を顧みるとき、 遥かな天竺へ三蔵法師一行のたどった苦難の旅を描いた『西遊記』が重なる。 国際平和を希求する崇高な理念をうたっ …

2017.09.06付け「編集手帳」要約

困難を生き抜く力があることを教えたい

2017年9月6日付け「編集手帳」要約 新学期を迎え、やりきれない悲報がつづいた。 夏休み明けは学校生活への不安が募ると聞く。 悩みを抱え込み、孤立している子も少なくない。 周りの大人が見守って、一人 …

2018.01.16付け「編集手帳」要約

人のために生きなさい

2018年1月16日付け「編集手帳」要約 元あしなが育英会職員、林田吉司さんが病気のために亡くなった。 平成の二つの震災で、遺児の心のケアに尽力した人である。 神戸の施設で、ねじりはちまき姿で遺児らに …