編集手帳

現実にあった横暴な神の寓話

投稿日:2018年5月31日 更新日:

2018年5月31日付け「編集手帳」要約

良心が試されたと思えばどうだろう。
日大アメフト部の学生である。
自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。
関東学生アメフト連盟は彼に期限・条件付きで復帰を認めた。
他方、前監督と前コーチは永久追放となった。
たしか横暴ゆえ世界を壊しそうになり、追放された神の物語が何かの寓話にあった。
調べてもいいが、教訓を得るためなら現実で十分過ぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.23付け「編集手帳」要約

寂寥に涙したに違いない

2017年12年23日付け「編集手帳」要約 アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。 湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言す …

2018.01.19付け「編集手帳」要約

また負けてしまった。

2018年1月19日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を沸かせた取組の一つに、麒麟児−富士桜がある。 今の大相撲はこの一番がないが、取組によらず興奮の中に歓声の上がる取組がいくつもある。 相撲人気の揺 …

2017.02.02付け「編集手帳」要約

人口火の扱いを誤るな

「忘れられる権利」を巡る論争に、最高裁が初めての判断を示した。 「知る権利」に重きを置いた、まずは妥当な考え方だろう。 その判断にうなずきつつ、「人口火」という以前読んだ本の誤植をかみしめている。 ネ …

2017.09.17付け「編集手帳」要約

地方議会の運営には多彩な顔ぶれが必要だ

2017年9月17日付け「編集手帳」要約 政治参加のハードルを下げる、こんな職場がもっと求められているようである。 議員のなり手不足に悩む各自治体でいろいろなことが行なわれている。 地方議員は60歳以 …

2017.11.20付け「編集手帳」要約

自ら政権を担う気概を示せ

2017年11月20日付け「編集手帳」要約 政治家の言葉は長く禍根を残す。 鳩山元首相が選挙戦で「最低でも県外」と展望もないまま打ち上げて実現せず、政治の混迷は極まった。 残像から逃れようと、民主党は …