編集手帳

老いを直視する勇気が必要だ

投稿日:2018年5月30日 更新日:

2018年5月30日付け「編集手帳」要約

お年寄りを敬い、いたわる。
それが条件反射になるごとく啓蒙された身には、驚きを通り越して動揺さえ覚える。
茅ヶ崎市で90歳の高齢者ドライバーが起こした死亡事故である。
〈人間の老いを直視するのはすこぶる勇気を要する。
その勇気を持つことが本当の敬老への第一歩だ〉
家族は無理にでも免許更新を止めなかったことを、つくづく後悔しているらしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.21付け「編集手帳」要約

風は吹き来たり、潮は流れ去る

2017年6月21日付け「編集手帳」要約 方向を表す言葉はややこしい。 風と潮では逆になり、〈風は吹き来たり、潮は流れ去る〉と覚える。 築地市場の移転問題が流れていく方向はもっとややこしい。 市場をい …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …

2018.08.25付け「編集手帳」要約

豚さんに申し訳なくて使えない

2018年8月25日付け「編集手帳」要約 「豚児」とは、自慢の息子をへりくだっていう語である。 金足高校で、野球部が甲子園を沸かせているさなか、9匹の子豚が生まれた。 畜産を学ぶ高橋内野手が一匹一匹に …

2018.04.08付け「編集手帳」要約

いつか笑顔で苦労話を語って欲しい

2018年4月8日付け「編集手帳」要約 瀬戸大橋の開通から30年のきょう、地元では記念式典が開かれる。 延べ900万人が10年の歳月を費やして完成させたその工事は、難工事で今でも不可能に思える。 例え …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …