編集手帳

小国とバカにされない結果がほしい

投稿日:2018年5月29日 更新日:

2018年5月29日付け「編集手帳」要約

世界経済に強く影響されるプーチン大統領。
日露首脳会談で、その人が自国経済にマイナスになりかねない決断をするのはいつの日のことだろう。
北方領土の返還である。
島々で行う日露共同事業の内容が決まったという。
日本の首相が“小国”とバカにされない結果がほしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …

2018.08.06付け「編集手帳」要約

悲しみが日付の並びに浮かぶ

2018年8月6日付け「編集手帳」要約 今年は終戦の年、1945年とすべての日付と曜日が同じになる年である。 広島原爆忌を迎えたきょう、同じ月曜日だった。 折免滋さん(当時13歳)が犠牲になり、母のシ …

2018.05.04付け「編集手帳」要約

AIが過去と今との対話を可能にする

2018年5月4日付け「編集手帳」要約 東京・九段の「昭和館」で戦後、来日した米国人学者が撮した日本各地の写真が展示されている。 鮮烈な印象に残るのはそれがカラー写真だからだ。 当時の写真はほとんど白 …

2018.06.25付け「編集手帳」要約

宇宙から何を持ち帰るか

2018年6月25日付け「編集手帳」要約 打ち上げから3年半、はやぶさ2号が、3億キロ離れた小惑星リュウグウに迫っている。 近づいたことで、リュウグウの形はそろばん玉のようであることもわかった。 秋に …

2017.02.23付け「編集手帳」要約

銀幕に奇跡を求めた人

2017年2月23日付け「編集手帳」要約 40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、 60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。 薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、 …