編集手帳

法外なツケか素晴しい未来か

投稿日:2018年5月26日 更新日:

2018年5月26日付け「編集手帳」要約

6月12日に当地で予定されていた米朝首脳会談の開催を巡り、駆け引きが続いている。
その開催地であるシンガポールには「FINE CITY」の別名がある。
FINEには「すばらしい」のほかに「罰金」の意味がある。
北朝鮮は非核化に踏み出せず、法外なツケを払うのか。
すばらしい未来を目指すのか。
これ以上、国際社会をがっかりさせないでほしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.14付け「編集手帳」要約

司法は世論を重んじてはいけない

2017年3月14日付け「編集手帳」要約 韓国の憲法裁判所が宣告した朴槿恵大統領の罷免。 法理より世論を重んじたとみる専門家が少なくない。 司法の独立とは、政治権力からの独立であると同時に、 大衆圧力 …

2018.03.21付け「編集手帳」要約

刃のない言葉に不思議とほっとする

2018年3月21日付け「編集手帳」要約 弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。 相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …