編集手帳

心の重荷を背負わせる師

投稿日:2018年5月25日 更新日:

2018年5月25日付け「編集手帳」要約

寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。
当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。
のちの東京の漱石邸には、内田百閒、和辻哲郎、芥川龍之介…といった若者が足を運んだ。
むろん俳句の弟子も上京し、物理学の道を歩みながら通い続けた。
〈先生にあって話をしていると心の重荷がいつの間にか軽くなっていた〉
この差はなんだろう。
時節柄、どこぞの師と比べずにいられない。
面倒見どころか、重荷を背負わせてしまっている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2017.09.05付け「編集手帳」要約

聞かぬ相手と知りながら叫ぶ

2017年9月5日付け「編集手帳」要約 北朝鮮による日本人拉致と政府が認定する事件は12件ある。 いずれの奪還もかなわぬまま事件から40年となる秋を迎えた。 救出を待ち続ける人がいる大地を一昨日の核実 …

2018.05.21付け「編集手帳」要約

官僚人事で細心の注意を求める

2018年5月21日付け「編集手帳」要約 政治主導で省庁人事を管理する内閣人事局が、間もなく発足4年目を迎える。 人事権を握られた官僚が必要以上に首相官邸の顔色をうかがっている、と批判されるようになっ …

2018.06.29付け「編集手帳」要約

沢山の「でね」が飛び交っただろう

2018年6月29日付け「編集手帳」要約 先の26日で、小笠原諸島が米国から日本に返還されて50年を迎えた。 小笠原諸島には戦後まもなく帰島者が作り、歌い継がれてきた「レモン林」という民謡がある。 〈 …

2017.02.25付け「編集手帳」要約

ゲームの音色はどう変わる

2017年2月25日付け「編集手帳」要約 巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。 阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。 敬 …