編集手帳

心の重荷を背負わせる師

投稿日:2018年5月25日 更新日:

2018年5月25日付け「編集手帳」要約

寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。
当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。
のちの東京の漱石邸には、内田百閒、和辻哲郎、芥川龍之介…といった若者が足を運んだ。
むろん俳句の弟子も上京し、物理学の道を歩みながら通い続けた。
〈先生にあって話をしていると心の重荷がいつの間にか軽くなっていた〉
この差はなんだろう。
時節柄、どこぞの師と比べずにいられない。
面倒見どころか、重荷を背負わせてしまっている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.09付け「編集手帳」要約

流れ着いてほしいものは来ず

2017年12月9日付け「編集手帳」要約 〈名も知らぬ遠き島より/流れよる椰子の実一つ…〉『椰子の実』。 太平洋沿岸で黒潮大蛇行が長期化しているという。 蛇行の幅が拡大し、さらに沿岸から遠のいた。 椰 …

2017.07.17付け「編集手帳」要約

入念な足場作りをお忘れなく

2017年7月17日付け「編集手帳」要約 安倍首相は来月上旬に、内閣改造と自民党役員人事を行う。 「安定感と改革突破力を兼ね備えた体制」を整える、と語った。 一筋縄でいかない政治家をひとつの枠の中の収 …

2017.02.10付け「編集手帳」要約

人間の姿をした毒虫

自然体験ツアーは昆虫に触れ、木や花を観察し、楽しみながら集団生活のルールを学ぶ貴重な成長の“旅”である。 男児のポルノ映像を収集・交換していた旅行会社の元社員ら6人が逮捕された。 ツアーに同行し、わい …

2017.09.17付け「編集手帳」要約

地方議会の運営には多彩な顔ぶれが必要だ

2017年9月17日付け「編集手帳」要約 政治参加のハードルを下げる、こんな職場がもっと求められているようである。 議員のなり手不足に悩む各自治体でいろいろなことが行なわれている。 地方議員は60歳以 …

2017.03.05付け「編集手帳」要約

火の用心の季節

2017年3月5日付け「編集手帳」要約 火事の99%は人の不注意で起こる…。 しかし、人間は〈過失の動物〉でもある。 だが、この過失は努力によって軽減し得る。 その努力が正しく続けているか、点検する頃 …