編集手帳

心の重荷を背負わせる師

投稿日:2018年5月25日 更新日:

2018年5月25日付け「編集手帳」要約

寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。
当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。
のちの東京の漱石邸には、内田百閒、和辻哲郎、芥川龍之介…といった若者が足を運んだ。
むろん俳句の弟子も上京し、物理学の道を歩みながら通い続けた。
〈先生にあって話をしていると心の重荷がいつの間にか軽くなっていた〉
この差はなんだろう。
時節柄、どこぞの師と比べずにいられない。
面倒見どころか、重荷を背負わせてしまっている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.12付け「編集手帳』要約

日傘男子広め隊

2017年8月12日付け「編集手帳」要約 現代は日傘を愛用するのは女性がほとんどであるが、古代の日本には、高貴な人物が外出する際、従者が日傘を差しかざす風習があった。 新聞に「日傘男子」という写真が掲 …

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …

2017.09.12付け「編集手帳」要約

日本には残された時間が少ない

2017年9月12日付け「編集手帳」要約 「万人の万人による戦い」は〈孤独でまずしく、つらく残忍でみじかい〉生活であるらしい。 それよりひどい人生は、〈不快で残酷で長い人生である〉と言う。 2007年 …

2017.07.10付け「編集手帳」要約

川村・東電丸には荒海が待っている

2017年7月10日付け「編集手帳」要約 リーマン・ショックで経営危機に陥った日立を再建した川村隆氏が先月、東京電力の会長に就任した。 原発事故対応の重責を担うのは、日立再建を引き受けた際の〈緊急時に …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …