編集手帳

会見を幹部はどう思ったのだろう

投稿日:2018年5月23日 更新日:

2018年5月23日付け「編集手帳」要約

矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。
アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。
実践形式の練習を外され、大学日本代表を辞退するように言われ追いつめられたという。
彼は退場になりテントに戻ったあと、ことの重大さに気づいて泣いた。
その涙や傷つけた選手への謝罪の気持ちに偽りはあるまい。
“団体幹部”の面々はどう思ったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.12付け「編集手帳」要約

微動だりしないちゃぶ台を願う

2018年6月12日付け「編集手帳」要約 〈ちゃぶ台返し〉 英語でも、〈ちゃぶ台〉を〈テーブル〉に代えるだけで通じるらしい。 トランプ米大統領、G7のホスト国、カナダのトルドー首相に対して怒りが抑えき …

2018.08.10付け「編集手帳」要約

ヒゲをあたる

2018年8月10日付け「編集手帳」要約 ヒゲをあたる、顔をあたる。 都会では「10分カット」が花盛りで剃毛自体をしなくなった店も増え、ほとんど聞かれなくなった。 「読売歌壇」に以前こんな詩が載った。 …

2018.08.08付け「編集手帳」要約

お前のものは俺のもの

2018年8月8日付け「編集手帳」要約 ジャイアンの名言。 〈お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの〉 難しい言葉で言えば、【専横】という。 日本ボクシング連盟の山根会長の振る舞いに、この言葉がよぎ …

2017.08.30付け「編集手帳」要約

独裁者と通じる側に問う

2017年8月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。 緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。 核実験の準備も整えたという。 国際社会の …

2017.01.20付け「編集手帳」要約

不許OB入校門

〈不許葷酒入山門〉(葷酒、山門に入るを許さず)。 「許さざれども、葷酒、山門に入る」。 「葷を許さず、酒、山門より入れ」と読み方を変えて戒めを破るものもいたらしい。 「許さざれども、わがOBを校門に受 …