編集手帳

会見を幹部はどう思ったのだろう

投稿日:2018年5月23日 更新日:

2018年5月23日付け「編集手帳」要約

矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。
アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。
実践形式の練習を外され、大学日本代表を辞退するように言われ追いつめられたという。
彼は退場になりテントに戻ったあと、ことの重大さに気づいて泣いた。
その涙や傷つけた選手への謝罪の気持ちに偽りはあるまい。
“団体幹部”の面々はどう思ったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.03付け「編集手帳」要約

こらっ、としかる大人が必要だ

2018年5月3日付け「編集手帳」要約 愛知県の犬山高校で、サッカー部が学業成績で「1」をもらった部員を丸刈りにさせていた。 学校側は体罰と受け取られかねないとして、やめさせた。 当然と思いつつも、勉 …

2018.01.05付け「編集手帳」要約

心を揺さぶられる色「朱」

2018年1月5日付け「編集手帳」要約 稲荷社の鳥居の「朱」 その語源は「明く」、夜がアク、日に染まった東方の色がアカであり、日の本の国にふさわしい色とも言える。 斎藤茂吉も帰国した際にこの色に心を揺 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.03.17付け「編集手帳」要約

隠し事で不信を招いてはならない

2017年3月17日付け「編集手帳」要約 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報。 統合幕僚監部の幹部が、保管していた事実を隠すように指示したという。 職務柄、明かすことのできない …

2017.01.07付け「編集手帳」要約

その人も身のまわりに集めてほしい

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏が、メキシコに工場を新設するトヨタ自動車を批判した。 例によって事実誤認と思い込みを織りまぜた極論である。 アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉が知られてい …