編集手帳

会見を幹部はどう思ったのだろう

投稿日:2018年5月23日 更新日:

2018年5月23日付け「編集手帳」要約

矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。
アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。
実践形式の練習を外され、大学日本代表を辞退するように言われ追いつめられたという。
彼は退場になりテントに戻ったあと、ことの重大さに気づいて泣いた。
その涙や傷つけた選手への謝罪の気持ちに偽りはあるまい。
“団体幹部”の面々はどう思ったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.04付け「編集手帳」要約

何とも不思議だ

2018年4月4日付け「編集手帳」要約 「土佐日記」は千年前の様子が書き留められ、今も受け継がれている日記である。 だが、現代にはいともあっさり行方不明になる日記がある。 国会で「ない」とされていた陸 …

2017.06.30付け「編集手帳」要約

太平楽な政府・自民党

2017年6月30日付け「編集手帳」要約 〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉、ぐうたら寝てばかりいる家臣でも、何かの役に立っている。 と、江戸時代の儒学者荻生徂徠は『太平楽』という文章に書いている。 へたに起きて …

2017.09.19付け「編集手帳」要約

サンマの開国を進めたい

2017年9月19日付け「編集手帳」要約 サンマは幕末に黒船で来航したペリーの報告をもとに、米国の魚類学者が「saira」と新種登録したという。 日本の秋の味覚サンマが不漁のニュースが相次ぐ。 興味を …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …

2017.05.31付け「編集手帳」要約

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

2017年5月31日付け「編集手帳」要約 〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉 岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては …