編集手帳

会見を幹部はどう思ったのだろう

投稿日:2018年5月23日 更新日:

2018年5月23日付け「編集手帳」要約

矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。
アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。
実践形式の練習を外され、大学日本代表を辞退するように言われ追いつめられたという。
彼は退場になりテントに戻ったあと、ことの重大さに気づいて泣いた。
その涙や傷つけた選手への謝罪の気持ちに偽りはあるまい。
“団体幹部”の面々はどう思ったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.01付け「編集手帳」要約

ファクト・チェック

2017年4月1日付け「編集手帳」要約 「エープリル・フール」は日本ではあまり定着しなかったようであるが、 トランプ政権の誕生、英国のEU離脱。 海外では「嘘でしょ」と言いたくなるニュースのつづく昨今 …

2018.03.16付け「編集手帳」要約

100年ぶりの新種クマノザクラ

2018年3月16日付け「編集手帳」要約 紀伊半島南部に自生しているサクラが新種とわかった。 サクラの新種発見は100年ぶりで、「クマノザクラ」と命名された。 熊野の人々の間では、同じ野生種のヤマザク …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.12.13付け「編集手帳」要約

「災」の中にいる小さな人

2018年12月13日付け「編集手帳」要約 清水寺で「今年の漢字」が発表された。 「災」。 2月の北陸地方での豪雪。 夏季の異常な熱暑。 6月の大阪府北部地震。 7月の中国地方の豪雨。 秋にかけていく …