編集手帳

お後がよろしくないようで

投稿日:2018年5月22日 更新日:

2018年5月22日付け「編集手帳」要約

古典落語『鰻屋』に出てくる与三郎と呼ばれるウナギは、開業以来、板前と追いかけっこをしながらしぶとく生きている。
狛江市の高橋都彦市長はしぶとさなら与三郎級だろう。
女性職員に対するセクハラ問題で、連日議会で追求され、今度は腹心の副市長からの辞職要求である。
それでも氏は認識の相違だとセクハラを認めず、進退は「白紙」と強弁した。
どんな結末にしろ、落語と違ってお後はよろしくなさそうである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.30付け「編集手帳」要約

飛び立つ機会となればよい

2018年4月30日付け「編集手帳」要約 山口県下関市の東亜大が、今年度の入学生から海外での研修・留学を卒業の条件とする制度を始めた。 海外渡航を特色の一つにする大学が多い中、全員参加は例がないという …

2017.01.18付け「編集手帳』要約

浮世のマナー

〈渡る世間に鬼はなし〉、〈人を見たら泥棒と思え〉という矛盾する二つのことわざ。 いずれが実で、いずれが虚かを論じても意味はあるまい。 ただし、“鬼なし”派よりも“泥棒”派のほうが心のありようは不幸であ …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.06.09付け「編集手帳」要約

その人のサックスがこいしい

2018年6月9日付け「編集手帳」要約 ジャズの巨人と呼ばれたサックス奏者、ジョン・コルトレーンの新作が見つかった。 半世紀もの時を経て、世界同時に新盤が発売される。 その名も『ザ・ロスト・アルバム』 …

2018.05.10付け「編集手帳」要約

犯人は家族の情けを知らない

2018年5月10日付け「編集手帳」要約 小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。 それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。 新潟県で起こった信じがたい事件。 大桃珠生ちゃ …