編集手帳

双方が芭蕉扇を携えておきたい

投稿日:2018年5月14日 更新日:

2018年5月14日付け「編集手帳」要約

「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。
それと同じでは困るのが外交だ。
中国の李克強首相が来日し、安倍首相との会談で全面的な関係改善を約束した。
平和友好条約締結40週年の節目だ。
東シナ海で再び対立の火種をあおることのないよう願いたい。
孫悟空が手にした芭蕉扇を双方が携えておきたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.06付け「編集手帳」要約

小売業界の新しい工夫に挑む

様々な工夫を凝らして、客を引きつけてきた小売業界にネット起業がITで挑む。 米アマゾン・ドット・コムは、人工知能を活用した新しいコンビニを作った。 客が棚から商品を取って退店するとスマートフォンで決済 …

2018.10.22付け「編集手帳」要約

米国の底力を知りたい

2018年10月22日付け「編集手帳」要約 ボクシングファンがヒーローを「ロッキー」の愛称で呼ぶ。 この名を冠した1976年の映画の影響である。 公開は、ベトナム戦争が米国にとって屈辱的な結末を迎えた …

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2018.03.16付け「編集手帳」要約

100年ぶりの新種クマノザクラ

2018年3月16日付け「編集手帳」要約 紀伊半島南部に自生しているサクラが新種とわかった。 サクラの新種発見は100年ぶりで、「クマノザクラ」と命名された。 熊野の人々の間では、同じ野生種のヤマザク …