編集手帳

双方が芭蕉扇を携えておきたい

投稿日:2018年5月14日 更新日:

2018年5月14日付け「編集手帳」要約

「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。
それと同じでは困るのが外交だ。
中国の李克強首相が来日し、安倍首相との会談で全面的な関係改善を約束した。
平和友好条約締結40週年の節目だ。
東シナ海で再び対立の火種をあおることのないよう願いたい。
孫悟空が手にした芭蕉扇を双方が携えておきたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.19付け「編集手帳」要約

白菊は経済、黄菊は軍事力

2017年10月19日付け「編集手帳」要約 菊は中国では黄菊は白菊よりも序列が上らしい。 習近平総書記の心の中にも序列は白は経済、黄は軍事力だろうか。 きのう開幕した中国共産党大会で、「豊かさから強さ …

2018.12.22付け「編集手帳」要約

来年は漢字の右側を差し替えよう

2018年12月22日付け「編集手帳」要約 警察の隠語で「さんずい」は汚職事件を示す。 この部首は「清」「涼」に含まれる一方、「汚」「濁」といった字ものぞく。 顧みれば今年のスポーツ界はこれらの感じが …

2018.08.01付け「編集手帳」要約

その人にこころがあるのか

2018年8月1日付け「編集手帳」要約 〈こころとは脳の内部にあるという倫理の先生の目の奥の空〉 自民党・杉田衆院議員の寄稿が人権侵害だとして批判が高まっている。 〈LGBTのカップルのために税金を使 …

2018.03.21付け「編集手帳」要約

刃のない言葉に不思議とほっとする

2018年3月21日付け「編集手帳」要約 弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。 相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って …

2017.06.05付け「編集手帳」要約

歳月に埋もれない言葉を書いた人

2017年6月5日付け「編集手帳」要約 歴史学者岡田英弘さんが先月死去した。 中国とモンゴルの文献を駆使した研究者だった。 マスコミに引っ張りだこだったとは言えないが、 一連の著書は、様々な分野の目利 …