編集手帳

双方が芭蕉扇を携えておきたい

投稿日:2018年5月14日 更新日:

2018年5月14日付け「編集手帳」要約

「西遊記」の魅力は、旅の途中で見せる「自分勝手」な行動のおもしろさ、中国独特の「大げさ」な表現が子供心を捉える。
それと同じでは困るのが外交だ。
中国の李克強首相が来日し、安倍首相との会談で全面的な関係改善を約束した。
平和友好条約締結40週年の節目だ。
東シナ海で再び対立の火種をあおることのないよう願いたい。
孫悟空が手にした芭蕉扇を双方が携えておきたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.21付け「編集手帳」要約

ナイスな雑草氏

2018年4月21日付け「編集手帳」要約 雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。 いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮 …

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2017.12.06付け「編集手帳」要約

将棋界の特別な一日

2017年12月6日付け「編集手帳」要約 きのうは将棋界の特別な一日となった。 羽生棋聖が史上初の永世七冠を達成した。 19歳で初タイトルの竜王位を獲得し、おごることなく将棋道を追求した結果だろう。 …

2018.03.30付け「編集手帳」要約

色紙に何を書くだろう

2018年3月30日付け「編集手帳」要約 〈勝つことはえらいことだ〉、戦後初の名人として将棋史に名を刻む塚田正夫の一文である。 単純なだけに胸に響くものがある。 負けを知り、悔しさを知り、もだえながら …