編集手帳

街々の支店はどう変わるのだろう

投稿日:2018年5月12日 更新日:

2018年5月12日付け「編集手帳」要約

昔、銀行員の犯す桁違いのミスを発見する方法に「9で割れ」という方法があった。
今ではコンピューターの活用ですっかり昔話になったに違いない。
さらにAIも絡み、このごろ人員削減など業態変化を告げるニュースがやけに多い銀行業界である。
街々の支店はどう変わるのだろう。
小欄の子供時代はまだ、店の奥にそろばんの音がしていた。
往時茫々である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.28付け「編集手帳」要約

酷暑へのリハーサルしませんか

2018年6月28日付け「編集手帳」要約 ここ何日かは各地で晴れ、梅雨の中休みといわれる。 お天気博士・倉島厚さんによれば、これにはアンコール型とリハーサル型の二つがあるという。 今は、さてどっちだろ …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …

2018.01.27付け「編集手帳」要約

冷蔵庫の中に…、ちょっと気が急いた

2018年1月27日付け「編集手帳」要約 大相撲の初場所は13日目を終え1敗はジョージア出身の栃ノ心のみ。 初優勝に大きく近づいた。 新入幕の折には将来を嘱望されながら、けがに泣き幕下まで陥落した。 …

2017.08.20付け「編集手帳」要約

人を第一に考えた経知を貫いた人

2017年8月20日付け「編集手帳」要約 倹約の美学を貫いた実業家の訃報が届いた。 吉本晴彦さんである。 「ケチとしぶちんは違う。経済の知恵、経知と書いてケチと読む。 出すときには出し、死に金にしない …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …