編集手帳

心にとりつくのは何の念だろう

投稿日:2018年5月11日 更新日:

2018年5月11日付け「編集手帳」要約

きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。
〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉
記憶は“つもる”もの。
それが自然だと思うけれど、柳瀬唯夫氏の参考人発言は不自然極まりない。
自責の念が記憶違いをさせることがあるが、彼の心にとりつくのは何の“念”だろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.06付け「編集手帳」要約

三波春夫がいいそうな言葉

2016年2月6日付け「編集手帳」要約 「お客様は神様です」と聞くと、三波春夫さんが思い浮かぶ。 が、本人は言ったことがないそうだ。 あれはレツゴー三匹が、三波さんのいいそうな言葉だというので言ったそ …

2018.01.21付け「編集手帳」要約

議員さんにあだ名をつけてみて

2018年1月21日付け「編集手帳」要約 「二つ名」には、その人の姿をまざまざと映しだす力がある。 歴史上の人物なら、伊達政宗の「独眼竜」、徳川綱吉の「犬公方」当たりが有名だ。 プロ野球は「傑作」の宝 …

2018.04.25付け「編集手帳」要約

鉄人が見せたドラマを忘れない

2018年4月25日付け「編集手帳」要約 元広島カープの強打者、衣笠祥雄さんが71歳で亡くなった。 死球で肩甲骨を骨折した翌日にも平然に試合に出て、ルー・ゲーリッグが持つ世界記録を更新する2131試合 …

2017.01.301付け「編集手帳」要約

疎にして多

自殺で亡くなる人の少ない地域の共通点は、人間関係は「疎にして多」。 お付き合いは挨拶程度で、マイペース。 でも、みんな顔見知りで孤立は起きにくい。 国内の自殺者は昨年、2万2000人を下回った。 自治 …

2018.03.04付け「編集手帳」要約

どっぷりと湯につかりたい

2018年3月4日付け「編集手帳」要約 本白根山の噴火から一月余り、草津温泉はにぎわいを取り戻しつつある。 ただ、まだ本調子ではないらしい。 大地からとうとうとわき出る湯に古来、日本人は特別な思いを抱 …