編集手帳

心にとりつくのは何の念だろう

投稿日:2018年5月11日 更新日:

2018年5月11日付け「編集手帳」要約

きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。
〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉
記憶は“つもる”もの。
それが自然だと思うけれど、柳瀬唯夫氏の参考人発言は不自然極まりない。
自責の念が記憶違いをさせることがあるが、彼の心にとりつくのは何の“念”だろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.08付け「編集手帳」要約

貸すも親切、貸さぬも親切

2017年10月8日付け「編集手帳」要約 1990年代、手軽に無人で契約できる機械の普及で、個人の借金が増え多重債務問題が起きた。 貸金業法改正を経て問題は沈静化に向かったが、今後、同じ問題が起きない …

2017.08.24付け「編集手帳」要約

一ミリの攻防

2017年8月24日付け「編集手帳」要約 競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。 「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。 夏の高校野球が幕を閉じた。 花咲徳栄が流 …

2017.04.08付け「編集手帳」要約

電光石火

2017年4月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領が〈電光石火〉で、シリアの政府軍基地を順応ミサイルで攻撃した。 オバマ政権時から、米国の姿勢は一変した。 北朝鮮も衝撃を受けたに違いない。 恐れを …

2018.06.13付け「編集手帳」要約

まだ分からない

きのう、米朝首脳会談が行なわれ、トランプ大統領、金正恩委員長の〈口〉がどう動くかに世界中が注目した。 〈和〉はなされたのか。 正恩氏が朝鮮半島の非核化を約束し、トランプ氏が北朝鮮の体制の保証を確約する …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …