編集手帳

心にとりつくのは何の念だろう

投稿日:2018年5月11日 更新日:

2018年5月11日付け「編集手帳」要約

きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。
〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉
記憶は“つもる”もの。
それが自然だと思うけれど、柳瀬唯夫氏の参考人発言は不自然極まりない。
自責の念が記憶違いをさせることがあるが、彼の心にとりつくのは何の“念”だろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …

2018.04.01付け「編集手帳」要約

悠々として急げ

2018年4月1日付け「編集手帳」要約 現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。 新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじ …

2018.01.14付け「編集手帳」要約

冬の香りを楽しみたい

2018年1月14日付け「編集手帳」要約 正月を締めくくるどんと焼き。 立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。 食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせな …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.09.16付け「編集手帳」要約

みんなの幸せを願う気持ちがあれば

2017年9月16日付け「編集手帳」要約 老いた首長がみんなが幸せになるように、棒で空を押し上げ、曲がってしまったという。 オーストラリア先住民に伝わるブーメランの由来である。 それは狩猟やスポーツの …