編集手帳

犯人は家族の情けを知らない

投稿日:2018年5月10日 更新日:

2018年5月10日付け「編集手帳」要約

小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。
それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。
新潟県で起こった信じがたい事件。
大桃珠生ちゃんは学校からわずか700メートルの自宅に帰ることが出来なかった。
これほどの悲痛を残して立ち去った犯人は恐らく、家族の情けを知らない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …

2017.04.16付け「編集手帳」要約

若者に遠慮は要らない

2017年4月16日付け「編集手帳」要約 若い人の周りから姿を消しつつ職場で命脈を保つものがある。 固定電話、ファックス、郵便などである。 入社から半月、既に“非常識”を披露した信心も多かろうが、気に …

2018.09.28付け「編集手帳」要約

ORを選べばいいんですよ

2018年9月28日付け「編集手帳」要約 〈日本はYES OR NO?と迫られたら一言、ORを選べばいいんですよ〉 とは、立川志の輔さんのくすぐりの一つである。 日米首脳会談で、日本政府の〈YES N …

2018.06.16付け「編集手帳」要約

むなしくてやりきれない

2018年6月16日付け「編集手帳」要約 ザ・フォーク・クルセダーズの北山修さんが、精神科医に進んだ後メディアで見かけなくなった。 「顔が出ると、患者が私のことを話しているのかもと不安を招く」ため、撮 …

2017.12.01付け「編集手帳」要約

名にふさわしく、幸あれ

2017年12月01日付け「編集手帳」要約 アメリカ先住民のある部族は、名前の中に天命が隠れていると子孫に言い伝えるそうである。 この子たちにはどんな天命が待つのだろう。 男の子に多いのが、悠真、悠人 …