編集手帳

犯人は家族の情けを知らない

投稿日:2018年5月10日 更新日:

2018年5月10日付け「編集手帳」要約

小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。
それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。
新潟県で起こった信じがたい事件。
大桃珠生ちゃんは学校からわずか700メートルの自宅に帰ることが出来なかった。
これほどの悲痛を残して立ち去った犯人は恐らく、家族の情けを知らない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.03付け「編集手帳」要約

きれい事でない本音を聞きたい

2018年6月3日付け「編集手帳」要約 失敗の許されぬ社会実験に逡巡や葛藤がなかったのか、胸のうちを訪ねてみたい。 壱岐諸島の海士町で16年町長を務めた山内道雄さんである。 地方創生の成功例として改革 …

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …

2017.03.01付け「編集手帳」要約

〈胸〉派のカズと〈腹〉派の…

2017年3月1日付け「編集手帳」要約 「一番若いときは、アゴで走るんです。次は胸から。その次は膝から。最後は腰から走る」 名優・杉村春子さんが娘役から老人役を演じる時の走る演技のコツを語っていた。 …

2017.12.21付け「編集手帳」要約

1分半

2017年12月21日付け「編集手帳」要約 なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。 亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。 脱線すればどうなっていたか、 …

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …