編集手帳

犯人は家族の情けを知らない

投稿日:2018年5月10日 更新日:

2018年5月10日付け「編集手帳」要約

小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。
それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。
新潟県で起こった信じがたい事件。
大桃珠生ちゃんは学校からわずか700メートルの自宅に帰ることが出来なかった。
これほどの悲痛を残して立ち去った犯人は恐らく、家族の情けを知らない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.16付け「編集手帳」要約

不正行為を呼ぶ暗号となってはいけない

2018年4月16日付け「編集手帳」要約 コナン・ドイル作「踊る人形」でシャーロック・ホームズは人形に隠された暗号を解読し、犯人の心の中を言い当てた。 現代のネット社会にも、人の心を読み解く手法が広が …

2017.09.16付け「編集手帳」要約

みんなの幸せを願う気持ちがあれば

2017年9月16日付け「編集手帳」要約 老いた首長がみんなが幸せになるように、棒で空を押し上げ、曲がってしまったという。 オーストラリア先住民に伝わるブーメランの由来である。 それは狩猟やスポーツの …

2018.04.26付け「編集手帳」要約

仙台に薫風を吹かせた人たち

2018年4月26日付け「編集手帳」要約 先の日曜日、仙台市でフィギアスケート談志の羽生結弦選手の凱旋パレードが行なわれ、回収されたごみはわずか6袋分だったという。 10万8000人の沿道を埋めたほと …

2017.01.11付け「編集手帳」要約

末は博士か大臣か

『大人になったらなりたい職業』で男子の保育園児と小学生で「学者・博士」が2位となった。 前年8位からの急浮上という。 研究以外は目に入らない没頭ぶりは学者に共通する習性であり、魅力でもあろう。 そうい …

2017.08.10付け「編集手帳」要約

記憶を呼び覚ます匂いが待っている

2017年8月10日付け「編集手帳」要約 匂いは記憶の喚起装置ともいわれる。 ふるさとでお盆休みを過ごす人の、旅立つ季節である。 夕暮れの縁側に漂う蚊取り線香の煙。 夕暮れに濡れた土。 線香花火の火薬 …