編集手帳

子供達の幸せを思い描き続けた人

投稿日:2018年5月9日 更新日:

2018年5月9日付け「編集手帳」要約

絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、
「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられた。
そのワクワク感は『からすのパンやさん』『だるまちゃん』に見て取れる。
そもそも子供会への参加は「軍国少年」として過ごした若き日への悔悟からだったという。
それを思えば「生きるために」が重量感を持って伝わる。
加古さんが92年の天寿をまっとうした。
まっすぐに子供たちの幸せを思い、描き続けた人だろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.15付け「編集手帳」要約

信頼関係無くして平和解決はない

2017年10月15日付け「編集手帳」要約 核戦争が危ぶまれた、1962年のキューバ危機の際、 ケネディ大統領は軍を抑え、フルシチョフ首相はキューバの核ミサイル基地撤去を決断し、戦争を逃れた。 当時の …

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2017.06.28付け「編集手帳」要約

次の完全数は496。まさか、ね。

2017年6月28日付け「編集手帳」要約 「完全数の“28”には愛着があります」。 30年にわたって28連勝の記録を守り続けた将棋の神谷広志八段がいつぞや語っていた。 少し前まで、28連勝は難攻不落、 …

2017.01.13付け「編集手帳」要約

偽情報の生命力や、恐るべし

天皇陛下が美智子さまにプロポーズした言葉、 「柳行李ひとつで来てください」は、誤りだった。 偽情報は人身深く根を下ろすものらしい。 ニュースの体裁を装って流布するネットの時代にはとりわけ厄介である。 …