編集手帳

複雑で簡単に解決できない問題

投稿日:2018年5月5日 更新日:

2018年5月5日付け「編集手帳」要約

『かがみの孤城』(辻村深月)は、いじめで不登校になった中学生の物語だ。
痛みの形は違うから、複雑なことを複雑のまま描かれている。
2019年度から中学で道徳が教科化される。
大津市の中学生のいじめ自殺がきっかけだ。
かがみの孤城の主人公は立ち直るきっかけをつかむが、簡単に解決しない問題だ。
きょうはこどもの日。
教科書だけでなく、悩みを解きほぐす一助となる本は多い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.08付け「編集手帳』要約

国際社会が震撼する公約の実行

2017年12月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領がまたひとつ公約を果たした。 「エルサレムをイスラエルの首都と認める」との宣言に、国際社会が震撼する。 中東和平が崩壊しないか、テロを誘発しない …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2017.10.11付け「編集手帳」要約

熱意ある弁舌を望む

2017年10月11日付け「編集手帳」要約 近頃慌ただしく動いた野党再編も、なんとか落ち着き衆院選が公示された。 政治地図が「3極化」したといわれる。 日本の針路を誤りなく判断するために、投票日まで各 …

2017.03.21付け「編集手帳」要約

春場所で邪気を払う

2017年3月21日付け「編集手帳」要約 大相撲春場所が湧いている、 新横綱の稀勢の里、新入幕の宇良と土俵をにぎわせている。 観戦をしていると、事件つづきでふさいだ心がやわらぐ。 力士の手形が江戸時代 …

2017.06.28付け「編集手帳」要約

次の完全数は496。まさか、ね。

2017年6月28日付け「編集手帳」要約 「完全数の“28”には愛着があります」。 30年にわたって28連勝の記録を守り続けた将棋の神谷広志八段がいつぞや語っていた。 少し前まで、28連勝は難攻不落、 …