編集手帳

複雑で簡単に解決できない問題

投稿日:2018年5月5日 更新日:

2018年5月5日付け「編集手帳」要約

『かがみの孤城』(辻村深月)は、いじめで不登校になった中学生の物語だ。
痛みの形は違うから、複雑なことを複雑のまま描かれている。
2019年度から中学で道徳が教科化される。
大津市の中学生のいじめ自殺がきっかけだ。
かがみの孤城の主人公は立ち直るきっかけをつかむが、簡単に解決しない問題だ。
きょうはこどもの日。
教科書だけでなく、悩みを解きほぐす一助となる本は多い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.07付け「編集手帳」要約

“命”という一文字が胸に痛い七夕

2017年7月7日付け「編集手帳」要約 耳で聞いて、すぐには漢字が思いつかないときがある。 七夕の前日に降る雨「洗車雨」を「戦車雨」と浮かんだことがある。 5日から九州北部を襲った記録的な豪雨は、まさ …

2017.05.13付け「編集手帳」要約

あついぞ!熊谷

2017年5月13日付け「編集手帳」要約 「炎熱」「炎天」は夏の季語で、生命を輝かせる熱源としてとらえた句に名句が多い。 〈あついぞ!熊谷〉 俳句でないが、これも名文句だろう。 「住みにくさをアピール …

2017.01.31付け「編集手帳」要約

帳簿の人よ

「どこかの島に立っていて、右手にたいまつを、左手に帳簿を持っています」。 初めてニューヨークを訪れた男が、観光名所を探した。 建国の精神を高らかに歌った独立宣言書、帳簿と間違えられては「自由の女神像」 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2017.12.09付け「編集手帳」要約

流れ着いてほしいものは来ず

2017年12月9日付け「編集手帳」要約 〈名も知らぬ遠き島より/流れよる椰子の実一つ…〉『椰子の実』。 太平洋沿岸で黒潮大蛇行が長期化しているという。 蛇行の幅が拡大し、さらに沿岸から遠のいた。 椰 …