編集手帳

複雑で簡単に解決できない問題

投稿日:2018年5月5日 更新日:

2018年5月5日付け「編集手帳」要約

『かがみの孤城』(辻村深月)は、いじめで不登校になった中学生の物語だ。
痛みの形は違うから、複雑なことを複雑のまま描かれている。
2019年度から中学で道徳が教科化される。
大津市の中学生のいじめ自殺がきっかけだ。
かがみの孤城の主人公は立ち直るきっかけをつかむが、簡単に解決しない問題だ。
きょうはこどもの日。
教科書だけでなく、悩みを解きほぐす一助となる本は多い。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.26付け「編集手帳」要約

ウキウキしてヘソの日を折り返したい

2018年6月26日付け「編集手帳」要約 日常生活で何ら役に立たないヘソは、球技の世界ではただものではない。 サッカーでは「攻撃ではボールにヘソを向けない」。 パスを受けるとき、攻める方向にヘソが向い …

2018.05.08付け「編集手帳」要約

ご高説より先に浮かべた風景

2018年5月8日付け「編集手帳」要約 読売KODOMO新聞の新連載に、名探偵コナンが学習漫画にスタイルを変え登場する。 その名も『ニュース探偵コナン』 若者の教養離れを嘆く人がいるが、子供の頃、漫画 …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …

2017.07.08付け「編集手帳」要約

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

2017年7月8日「編集手帳」要約 デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。 芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。 交番に勤務しながら「似顔絵捜査 …

2018.02.01付け「編集手帳」要約

疑問だらけの受動喫煙対策

2018年2月1日付け「編集手帳」要約 国の受動喫煙対策が大幅に後退した。 最新の法案の骨格では、東京都では9割の店が喫煙可能になるという。 客離れを懸念する業界への配慮とされる。 吸わない人の反感が …