編集手帳

AIが過去と今との対話を可能にする

投稿日:2018年5月4日 更新日:

2018年5月4日付け「編集手帳」要約

東京・九段の「昭和館」で戦後、来日した米国人学者が撮した日本各地の写真が展示されている。
鮮烈な印象に残るのはそれがカラー写真だからだ。
当時の写真はほとんど白黒で、写っているのは遠い世界の人たちに感じてしまう。
しかし同じ世界の人間だという気づきを、このカラー写真はもたらしてくれる。
インターネット上にはAIを利用し、白黒写真に色付けしてくれるサービスがあるという。
最新のAIが、過去と今との対話を可能にするーなかなか面白い時代に我々は生きているようだ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.12付け「編集手帳」要約

一番に望むこと

2018年4月12日付け「編集手帳」要約 松山刑務所大井造船作業場から服役中の男が逃げ出し今日で五日目となる。 男が運転する盗難車が向島で見つかった。 万が一にも住民が傷つく事件が起こらぬよう祈るばか …

2017.01.14付け「編集手帳」要約

息づかいが行間から聞こえる

坂本龍馬の暗殺される5日前の手紙が見つかった。 福井藩の重役に当てた1通は、おのが生命の残り時間を知っていたかのような 息づかいが達筆の行間から聞こえてくる。 この手紙によって、新政府の顕官となった由 …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …

2017.04.05付け「編集手帳」要約

世に不届き者の種は尽きまじ

2017年4月5日付け「編集手帳」要約 世に不届き者の種は尽きまじ。 無理な格安商法で破綻した旅行会社「てるみくらぶ」である。 破産手続きに入る直前まで客を募るとは、どういう神経だろう。 被害者がダル …

2018.10.07付け「編集手帳」要約

勇気をだして、さぁパカッと!

2018年10月7日付け「編集手帳」要約 結婚を取り巻く風景は変われども、指輪への特別な思いはいつの世も同じようだ。 先日の家庭面に箱パカ、の喜びを語る新婚さんの記事があった。 指輪の箱をパカッと開け …