編集手帳

AIが過去と今との対話を可能にする

投稿日:2018年5月4日 更新日:

2018年5月4日付け「編集手帳」要約

東京・九段の「昭和館」で戦後、来日した米国人学者が撮した日本各地の写真が展示されている。
鮮烈な印象に残るのはそれがカラー写真だからだ。
当時の写真はほとんど白黒で、写っているのは遠い世界の人たちに感じてしまう。
しかし同じ世界の人間だという気づきを、このカラー写真はもたらしてくれる。
インターネット上にはAIを利用し、白黒写真に色付けしてくれるサービスがあるという。
最新のAIが、過去と今との対話を可能にするーなかなか面白い時代に我々は生きているようだ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.27付け「編集手帳」要約

あの男だけは

2018年4月27日付け「編集手帳」要約 いまの騒がしさは、〈あの男だけは〉の衝撃からだろう。 「TOKIO」の山口達也容疑者が強制わいせつ事件で書類送検された。 酒を飲み過ぎたらしいが、言い訳にもな …

2018.01.10付け「編集手帳」要約

成人に見せたくない見世物が続く

2018年1月10日付け「編集手帳」要約 年初の夢に突如として人間のどろどろが染み出すかのような騒ぎが続く。 五輪の代表争いで、カヌーの選手がライバルの飲料に禁止薬物を入れていたことが発覚した。 成人 …

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

2017.02.17付け「編集手帳」要約

狂の字がふさわしい人物

今ではほとんど使われない言葉、〈佯狂〉は狂気を装うことを言う。暴虐の限りを尽くす権力者の周囲にはいつの世も、血縁の犠牲者が生まれる。 マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男 …

2018.06.20付け「編集手帳」要約

スマホを軽快にタップする君へ

2018年6月20日付け「編集手帳」要約 〈減る記憶それでも増えるパスワード〉 共感する側の身だが、記事を読んでひとごとではいけないかなと思えた。 WHOがオンラインゲームなどに没頭し、健康や生活に深 …