編集手帳

AIが過去と今との対話を可能にする

投稿日:2018年5月4日 更新日:

2018年5月4日付け「編集手帳」要約

東京・九段の「昭和館」で戦後、来日した米国人学者が撮した日本各地の写真が展示されている。
鮮烈な印象に残るのはそれがカラー写真だからだ。
当時の写真はほとんど白黒で、写っているのは遠い世界の人たちに感じてしまう。
しかし同じ世界の人間だという気づきを、このカラー写真はもたらしてくれる。
インターネット上にはAIを利用し、白黒写真に色付けしてくれるサービスがあるという。
最新のAIが、過去と今との対話を可能にするーなかなか面白い時代に我々は生きているようだ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.30付け「編集手帳」要約

東西南北の北の比重大だった4月

2017年4月30日付け「編集手帳」要約 「読売新聞」という題号を決まるまでに、登場した案の一つに「東西南北」があった。 NEWSは、方角を示す四つの単語の頭文字を並べたものだという説がある。 北朝鮮 …

2017.01.06付け「編集手帳」要約

どうして出航させた

タイタニック号が沈没した事故に新説が発表された。 出航前に造船所で起きた火災によって船体がもろくなり、 氷山との衝突に耐えられなかったという。 どうして損傷に目をつむり、無理に出航させたのだろう。 安 …

2017.11.16付け「編集手帳」要約

這っても黒豆

2017年11月16日付け「編集手帳」要約 【這っても黒豆】ということわざがあるが、この「黒」はどうなのだろう? 大阪府立高校の女子生徒が訴訟を起こした。 生まれつき茶色の髪を学校に無理やり黒く染めら …

2018.02.04付け「編集手帳」要約

規制は見直すべきだ

2018年2月4日付け「編集手帳」要約 かつて中国では生の魚を食べる習慣がなかった。 それが最近は空前の日本食ブームで、すしや刺し身が人気メニューという。 日中平和友好条約締結40年を記念して、北京と …

2017.10.24付け「編集手帳」要約

新政権の大事な課題

2017年10月24日付け「編集手帳」要約 江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。 撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。 毛利家の藩主たちは批判に …