編集手帳

こらっ、としかる大人が必要だ

投稿日:2018年5月3日 更新日:

2018年5月3日付け「編集手帳」要約

愛知県の犬山高校で、サッカー部が学業成績で「1」をもらった部員を丸刈りにさせていた。
学校側は体罰と受け取られかねないとして、やめさせた。
当然と思いつつも、勉強しない子に手を焼く教師の気持ちは分からぬでもない。
とにもかくにも、さぼり症の生徒を机に向かわせるのは並の指導力ではできないことだろう。
こらっ、としかる大人が必要だろう。
それだけは昔と同じでありたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.04付け「編集手帳」要約

実り多き首脳会談となるよう願う

2017年11月4日付け「編集手帳」要約 西部開拓期、リンゴ栽培を広めた伝説的な人物ジョニー・アップルシールド。 一本の木になる実から多くの変種が育ち、どれから多くの変種が育ち、どれかは新たな土地に根 …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …

2017.06.02付け「編集手帳」要約

神様の神意を読み解く難問

2017年6月2日付け「編集手帳」要約 〈OK〉の語源は? 最近その政策を引き合いに出される米国の第7代大統領アンドルー・ジャクソンが、毎度毎度綴を間違えて「oll korrect」と書いたことに始ま …

2017.06.30付け「編集手帳」要約

太平楽な政府・自民党

2017年6月30日付け「編集手帳」要約 〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉、ぐうたら寝てばかりいる家臣でも、何かの役に立っている。 と、江戸時代の儒学者荻生徂徠は『太平楽』という文章に書いている。 へたに起きて …