編集手帳

新緑の季節を晴れやかに迎えたい

投稿日:2018年5月1日 更新日:

2018年5月1日付け「編集手帳」要約

夏と春の境に咲く藤の花は、例年なら今が見頃である。
清少納言も称賛したその花の咲く情景は、海外からも注目される。
今日はメーデー、労働者の祭典も、新しい季節を祝った欧州の祭りに由来する。
この春、社会に巣立った若者は、ふと疲れを自覚する時期だろう。
自然に触れてエネルギーを補給するのもいい。
新緑の季節を晴れやかに迎えたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …

2018.04.08付け「編集手帳」要約

いつか笑顔で苦労話を語って欲しい

2018年4月8日付け「編集手帳」要約 瀬戸大橋の開通から30年のきょう、地元では記念式典が開かれる。 延べ900万人が10年の歳月を費やして完成させたその工事は、難工事で今でも不可能に思える。 例え …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2018.05.15付け「編集手帳」要約

人間クレーン車の大関吊り

2018年5月15日付け「編集手帳」要約 昭和の外人プロレスラーといえば異名がつきものだった。 ブルーノ・サンマルチノ「人間発電所」、アンドレ・ザ・ジャイアンツ「人間山脈」。 大相撲の、ジョージア出身 …