編集手帳

飛び立つ機会となればよい

投稿日:2018年4月30日 更新日:

2018年4月30日付け「編集手帳」要約

山口県下関市の東亜大が、今年度の入学生から海外での研修・留学を卒業の条件とする制度を始めた。
海外渡航を特色の一つにする大学が多い中、全員参加は例がないという。
地元で満足する若者が多い一方、社会の国際化は進み、外国で自分を試す機会は貴重である。
山口といえば、幕末に5人の長州藩士が欧州に留学し、後に日本を率いた。
志はそれぞれだろうが、大学が吹かせる風を存分に受け、飛び立つ機会となればよい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …

2017.01.24付け「編集手帳」要約

サクラサク

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉 我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。 大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。 浪人中の息子に合格通知が …

2017.03.28付け「編集手帳」要約

寡黙な花に男泣きがよく似合う

2017年3月28日付け「編集手帳」要約 人は以前ほど泣かなくなった。 教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、 泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。 大相撲春場所で負傷を押して強行出 …

観光立国として裾野を広げたい

観光立国として裾野を広げたい

2017年5月4日付け「編集手帳」要約 大型連休中に、東北地方などで豪華な観光列車が走る。 東京や京都などを回る「ゴールデンルート」から外れて、 あまり知られていない地方に足を向ける訪日外国人が増えて …

2018.06.08付け「編集手帳」要約

喋った方がいいのか

2018年6月8日付け「編集手帳」要約 日本動物園水族館協会に次の倫理規定がある。 〈過度な擬人化は行ってはならない〉。 「過度」の解釈は施設により様々で混乱も少なくない。 人気の動物の写真集に「ぼく …