編集手帳

すさまじい勢いで広がる見聞録

投稿日:2018年4月29日 更新日:

2018年4月29日付け「編集手帳」要約

碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。
この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。
抹茶の甘みが市民権を得て久しいが、茶畑そのものがこれほどの注目を集めるとは。
ネット上に無数の見聞録があふれ、すさまじい勢いで広がる。
一生に一度、異国での豊な時間を期した記録が、新たな出会いにつながればいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2017.09.16付け「編集手帳」要約

みんなの幸せを願う気持ちがあれば

2017年9月16日付け「編集手帳」要約 老いた首長がみんなが幸せになるように、棒で空を押し上げ、曲がってしまったという。 オーストラリア先住民に伝わるブーメランの由来である。 それは狩猟やスポーツの …

2018.05.15付け「編集手帳」要約

人間クレーン車の大関吊り

2018年5月15日付け「編集手帳」要約 昭和の外人プロレスラーといえば異名がつきものだった。 ブルーノ・サンマルチノ「人間発電所」、アンドレ・ザ・ジャイアンツ「人間山脈」。 大相撲の、ジョージア出身 …

2018.09.25付け「編集手帳」要約

食いしん坊のやぎのような両首脳

2018年9月25日付け「編集手帳」要約 童謡「やぎさん ゆうびん」では、無限に手紙をやり取りする。 自分が食いしん坊なのは心得ていても、相手もそうだということは忘れてしまう。 相手が自分と同じだと心 …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …