編集手帳

すさまじい勢いで広がる見聞録

投稿日:2018年4月29日 更新日:

2018年4月29日付け「編集手帳」要約

碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。
この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。
抹茶の甘みが市民権を得て久しいが、茶畑そのものがこれほどの注目を集めるとは。
ネット上に無数の見聞録があふれ、すさまじい勢いで広がる。
一生に一度、異国での豊な時間を期した記録が、新たな出会いにつながればいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.08付け「編集手帳」要約

ウソついたら針千本のーます

きょうは「針供養」の日。 昔は女房のへそくりの隠し場所となっていた針箱だが、 当節、隠れているものがるとすれば、祖母や母親にまつわる思い出かもしれない。 「指切りげんまん・・・」も、針箱の中に隠れてい …

2017.08.21付け「編集手帳」要約

いつか必ず皆既日食を見てみたい

2017年8月21日付け「編集手帳」要約 一生に一度は見ておくべきものに皆既日食が挙がる。 米国で21日、99年ぶりの大規模な皆既日食が見られるという。 夏休みも重なり、国内外から見物客が多数集まりそ …

2017.09.04付け「編集手帳」要約

括弧書きで伝える時代の風

2017年9月4日付け「編集手帳」要約 昭和天皇の五女、清宮さまの成人の記者会見で「私が選んだ人を見ていただきます」と発言した。 その様子を本誌記事は、(平然と…)というように括弧書きでその様子まで伝 …

2017.04.16付け「編集手帳」要約

若者に遠慮は要らない

2017年4月16日付け「編集手帳」要約 若い人の周りから姿を消しつつ職場で命脈を保つものがある。 固定電話、ファックス、郵便などである。 入社から半月、既に“非常識”を披露した信心も多かろうが、気に …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …