編集手帳

贈り物の受け取り主になって欲しい

投稿日:2018年4月28日 更新日:

2018年4月28日付け「編集手帳」要約

韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が会談した。
二人が手をつないで軍事境界線上の板門店を歩く姿は、たしかに歴史に残る光景ではあろう。
文氏は「平和を願う世界の人たちに大きな贈り物ができればいい」と語った。
その受取り主に、日本の拉致被害者家族た含まれることを願わずにいられない。
横田さん、飯塚さん、増元さん…皆さんの目に南北首脳が笑顔で向き合う姿はどう映ったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.16付け「編集手帳」要約

日本の4年後の奇跡を信じよう

2018年7月16日付け「編集手帳」要約 サッカーのワールド・カップに熱狂した今夏、奇跡という言葉によく突き当たった。 日本のコロンビア打倒を「小さな奇跡」と表現したり、ロシアの8強入りした粘りも奇跡 …

2017.07.04付け「編集手帳」要約

初心に帰る以外に道はない

2017年7月4日付け「編集手帳」要約 東京都議会選で自民党は、小池百合子知事の率いる地域政党に圧倒され、歴史的大敗を喫した。 国会の強引な運営。 閣僚の失言。 メディアへの八つ当たり。 〈勝ちに不思 …

2017.09.25付け「編集手帳」要約

周恩来氏の笑顔が懐かしい

2017年9月25日付け「編集手帳」要約 「残念ながら、恨みを教え続けてきた教育が、一部の中国人の心をねじ曲げている」 中国黒龍翔に満蒙開拓団員らが眠る日本人墓地がある。 1960年代半ば、当時の周恩 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.11.02付け「編集手帳」要約

楽にお金を得ようとしてもいいことはない

2017年11月2日付け「編集手帳」要約 「おれは大勢の盗人を見てきたが、腹が減ったから盗みを働いた人間にはあったことがない。 盗むのは…働くよりも楽だからだ」(バック・シャッツ) 福岡市・天神で4月 …