編集手帳

仙台に薫風を吹かせた人たち

投稿日:2018年4月26日 更新日:

2018年4月26日付け「編集手帳」要約

先の日曜日、仙台市でフィギアスケート談志の羽生結弦選手の凱旋パレードが行なわれ、回収されたごみはわずか6袋分だったという。
10万8000人の沿道を埋めたほとんどの人が、ごみを持ち帰ったと見られる。
郡和子市長が「びっくりするようなマナーの良さです」を謝意を表明した。
「ユヅ〜」と叫びに集まった人たちは、羽生くんに一歩も引けをとらない爽やかさで新緑の仙台に薫風を吹かせたらしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.12付け「編集手帳」要約

真実にかぶさるほこりを払え

2017年12月12日付け「編集手帳」要約 江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。 相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。 鳥取 …

2018.11.25付け「編集手帳」要約

大丈夫だよね?

2018年11月25日付け「編集手帳」要約 日本アニメに憧れて、18年前にスペインからやってきたイバイ・アメストイさん。 まさか、こんな大役を担うとは思っていなかっただろう。 万博開催地を決める最終プ …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2017.04.26付け「編集手帳」要約

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

2017年4月26日付け「編集手帳」要約 土岐善麿は歌人として知られる。 が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。 土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917 …

2017.02.17付け「編集手帳」要約

狂の字がふさわしい人物

今ではほとんど使われない言葉、〈佯狂〉は狂気を装うことを言う。暴虐の限りを尽くす権力者の周囲にはいつの世も、血縁の犠牲者が生まれる。 マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男 …