編集手帳

仙台に薫風を吹かせた人たち

投稿日:2018年4月26日 更新日:

2018年4月26日付け「編集手帳」要約

先の日曜日、仙台市でフィギアスケート談志の羽生結弦選手の凱旋パレードが行なわれ、回収されたごみはわずか6袋分だったという。
10万8000人の沿道を埋めたほとんどの人が、ごみを持ち帰ったと見られる。
郡和子市長が「びっくりするようなマナーの良さです」を謝意を表明した。
「ユヅ〜」と叫びに集まった人たちは、羽生くんに一歩も引けをとらない爽やかさで新緑の仙台に薫風を吹かせたらしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2017.02.06付け「編集手帳」要約

小売業界の新しい工夫に挑む

様々な工夫を凝らして、客を引きつけてきた小売業界にネット起業がITで挑む。 米アマゾン・ドット・コムは、人工知能を活用した新しいコンビニを作った。 客が棚から商品を取って退店するとスマートフォンで決済 …

2018.04.20付け「編集手帳」要約

国は範を示すことができないようだ

2018年4月20日付け「編集手帳」要約 財務省の福田淳一次官がセクハラ疑惑で辞任を表明した。 理由は騒ぎで職務を果たすことが難しくなったからで、疑惑は否定している。 非を認めないことがさらに嫌がらせ …

2017.10.06付け「編集手帳」要約

アメリカの現状

2017年10月6日付け「編集手帳」要約 〈建国の父たちとは本当に聡明な人々だったのだろうか〉と、問いかける。 建国当初の米国は、農民に借金と重税を負わせ、返済に苦しんだ農民の一揆が治安を揺るがした。 …

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …