編集手帳

道理を述べた寅さんの勘違い

投稿日:2018年4月24日 更新日:

2018年4月24日付け「編集手帳」要約

〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉
朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。
だが、寅さんは「明日道を聞こうとしたら、夕方に死んじまった」と、受け取った。
少し先にどんなトラブルが待つか、人には分からない。
休日の忘年会を断りきれずに参加した従業員が同僚からの暴行を受け重傷を追った事件。
東京地裁は私的な会合とは認めず、責任は会社にあるとして賠償を命じた。
組織管理は往々「あした道聞かば」では遅い。
寅さんは勘違いのようで、実は道理を述べている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.22付け「編集手帳」要約

自らの1票で国を動かす意思があるか

2017年10月22日付け「編集手帳」要約 7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。 星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。 それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国で …

2017.09.02付け「編集手帳」要約

辛抱強く向き合うことから始めては

2017年9月2日付け「編集手帳」要約 武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。 〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。 ようするに指導者には、バ …

2017.12.24付け「編集手帳」要約

もっと顧みられてもよい人

2017年12月24日付け「編集手帳」要約 山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。 学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。 その教育方針は、自 …

2017.09.29付け「編集手帳」要約

公約の用法を見極めねばならない

2017年9月29日付け「編集手帳」要約 衆院が解散され、晩秋の選挙となる。 直前まで解散の影もなかったからか、突貫工事の公約づくりがどうも心もとない。 与党も野党も、患部に正しく聞く膏薬ならぬ公約を …

2017.03.10付け「編集手帳」要約

思い出遺産と名づけてみたい

2017年3月10日付け「編集手帳」要約 蚊取り線香など殺虫剤関連の歴史資料が、「化学遺産」に選ばれた。 あの渦巻きのお世話になったことのない人はいないだろう。 その匂いをかぐたびに、遠い日の家族の風 …