編集手帳

道理を述べた寅さんの勘違い

投稿日:2018年4月24日 更新日:

2018年4月24日付け「編集手帳」要約

〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉
朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。
だが、寅さんは「明日道を聞こうとしたら、夕方に死んじまった」と、受け取った。
少し先にどんなトラブルが待つか、人には分からない。
休日の忘年会を断りきれずに参加した従業員が同僚からの暴行を受け重傷を追った事件。
東京地裁は私的な会合とは認めず、責任は会社にあるとして賠償を命じた。
組織管理は往々「あした道聞かば」では遅い。
寅さんは勘違いのようで、実は道理を述べている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.02付け「編集手帳」要約

死を通して生を見つめた人

2017年3月2日付け「編集手帳」要約 時間の作用なしには絵にも詩にもならない経験がある。 当時14歳、長崎の被爆体験が芥川賞受賞作『祭りの場』に結晶するまで、30年の時を要した。 作家の林京子さんで …

2017.05.25付け「編集手帳」要約

土俵に帰ってくる日を待つ

2017年5月25日付け「編集手帳」要約 「稀勢の里、危ない!」 大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。 俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。 左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に …

2018.03.14付け「編集手帳」要約

人生の中の18歳の位置

2018年3月14日付け「編集手帳」要約 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。 18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。 成人の肩書 …

2017.09.27付け「編集手帳」要約

対立は過激派勢力を利するだけだ

2017年9月27日付け「編集手帳」要約 イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。 過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間 …

2018.06.21付け「編集手帳」要約

次の短夜はいつだろう

2018年6月21日付け「編集手帳」要約 きょう北半球で一年のうち最も夜の短い夏至を迎えたから…そればかりではない。 サッカーW杯ロシア大会で日本代表の初戦勝利に列島が沸き返っている。 夜を短く感じる …