編集手帳

下駄を鳴らして奴が来る

投稿日:2018年4月22日 更新日:

2018年4月22日付け「編集手帳」要約

大将とか番長と呼ばれる人の必需品、下駄。
めっきり見かけなくなったと思ったら、意外な記事にその二文字を見つけた。
大阪府教育庁が校則の点検・見直しを指示したところ、時代遅れだとして「下駄での通学禁止」を削除した高校があったという。
驚き半分、奇妙な寂しさが半分。
カラン、コロンと気ままに闊歩し、先生に小言をくらう。
そんな男臭い生徒がいつまでいたのか。
蛮カラという言葉すら絶えて久しい今だからこそ無性に気になる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.18付け「編集手帳」要約

青ような鮮やかなプレーを期待する

2018年6月18日付け「編集手帳」要約 ドイツ語で「青い目の」という形容詞は「世間知らず」を意味する。 日本語には「青二才」という名詞がある。 「青」は洋の東西を問わず「まだまだ」ということか。 連 …

2017.07.27付け「編集手帳」要約

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

2017年7月27日付け「編集手帳」要約 ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。 鏡は時に厄介なものである。 権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも …

2017.08.12付け「編集手帳』要約

日傘男子広め隊

2017年8月12日付け「編集手帳」要約 現代は日傘を愛用するのは女性がほとんどであるが、古代の日本には、高貴な人物が外出する際、従者が日傘を差しかざす風習があった。 新聞に「日傘男子」という写真が掲 …

2017.09.23付け「編集手帳」要約

企業トップの覚悟を問う

2017年9月23日付け「編集手帳」要約 不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか。 現実から目を背けず責任の所在を明らかにし、根本から改める。 心底からやり切る覚悟が経営者にな …

2018.10.07付け「編集手帳」要約

勇気をだして、さぁパカッと!

2018年10月7日付け「編集手帳」要約 結婚を取り巻く風景は変われども、指輪への特別な思いはいつの世も同じようだ。 先日の家庭面に箱パカ、の喜びを語る新婚さんの記事があった。 指輪の箱をパカッと開け …