編集手帳

下駄を鳴らして奴が来る

投稿日:2018年4月22日 更新日:

2018年4月22日付け「編集手帳」要約

大将とか番長と呼ばれる人の必需品、下駄。
めっきり見かけなくなったと思ったら、意外な記事にその二文字を見つけた。
大阪府教育庁が校則の点検・見直しを指示したところ、時代遅れだとして「下駄での通学禁止」を削除した高校があったという。
驚き半分、奇妙な寂しさが半分。
カラン、コロンと気ままに闊歩し、先生に小言をくらう。
そんな男臭い生徒がいつまでいたのか。
蛮カラという言葉すら絶えて久しい今だからこそ無性に気になる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.24付け「編集手帳」要約

もっと顧みられてもよい人

2017年12月24日付け「編集手帳」要約 山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。 学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。 その教育方針は、自 …

2018.05.02付け「編集手帳」要約

賭けの一番人気に不快な理由

2018年5月2日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル平和賞をめぐる英ブックメーカーの予想で、北朝鮮の金正恩委員長が一番人気に躍り出た。 今どんなに柔和な顔を見せていようと、人権や自由をないがしろにす …

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2017.01.15付け「編集手帳」要約

世紀が変わっても古びない標語

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。 今年で百年になる。 〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります… 掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風がありま …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …