編集手帳

ナイスな雑草氏

投稿日:2018年4月21日 更新日:

2018年4月21日付け「編集手帳」要約

雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。
いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮かべる方が多いだろう。
悪天候を苦にする世界の一流どころをどんどん置き去りにするこのたくましさはなんだろう。
実業団などのエリート街道とは無縁の「走る公務員」だった。
ひとりでただ、走り続ける人だった。
帰国後来春プロになることを宣言した。
来春とは職場への欠員への配慮だろう。
どこまでも繁茂して欲しいと思うナイスな雑草氏である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.18付け「編集手帳」要約

実直さを忘れるな

2017年12月18日付け「編集手帳」要約 今年も企業の不祥事が相次いだ。 多くは現場を率いる社員が不正を見過ごしてきたことが原因だった。 「良い上司」とは何か、考えさせられる一年だった。 経営陣は「 …

2017.09.05付け「編集手帳」要約

聞かぬ相手と知りながら叫ぶ

2017年9月5日付け「編集手帳」要約 北朝鮮による日本人拉致と政府が認定する事件は12件ある。 いずれの奪還もかなわぬまま事件から40年となる秋を迎えた。 救出を待ち続ける人がいる大地を一昨日の核実 …

2018.04.11付け「編集手帳」要約

日本狼の誕生を夢見る

2018年4月11日付け「編集手帳」要約 〈ヒツジが何匹いるかということはオオカミには問題にならない〉 前回のW杯のコロンビア戦、ハメス・ロドリゲスの活躍に思い浮かべた。 6月のロシアW杯が迫るも、日 …

2017.05.26付け「編集手帳』要約

旅へと誘われたその人たちの歌声

2017年5月26日付け「編集手帳」要約 永六輔さんが京都を訪れ、タクシーが三千院の前を通ったとき。 「くだらない唄のせいで混雑して困ったものです」と、言った。 その『女ひとり』を歌った、デューク・エ …

2018.03.02付け「編集手帳」要約

人の心の内側の善悪

2018年3月2日付け「編集手帳」要約 人生、よい人ばかりに会えるとはかぎらない。 〈…平生はみんな善人なんです…それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。〉 その人の、急な変 …