編集手帳

ナイスな雑草氏

投稿日:2018年4月21日 更新日:

2018年4月21日付け「編集手帳」要約

雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。
いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮かべる方が多いだろう。
悪天候を苦にする世界の一流どころをどんどん置き去りにするこのたくましさはなんだろう。
実業団などのエリート街道とは無縁の「走る公務員」だった。
ひとりでただ、走り続ける人だった。
帰国後来春プロになることを宣言した。
来春とは職場への欠員への配慮だろう。
どこまでも繁茂して欲しいと思うナイスな雑草氏である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.19付け「編集手帳」要約

梅雨に梅仕事

2017年6月19日付け「編集手帳」要約 梅雨入りと前後して、梅の実が収穫期を迎える。 漬け込んだり、煮詰めたり、その滋養を存分に暮らしに取り込む作業を梅仕事という。 庭に梅の木のある家は減ったが、梅 …

2017.10.31付け「編集手帳」予約

時々おもらしをする五穀輪廻

2017年10月31日付け「編集手帳」要約 都市の下水道網は壮大な五穀輪廻だろう。 ところが時々、おもらしをするらしい。 大雨だと、雨水が下水管に入り込み、あふれて川や海に注ぐという。 東京湾の水質調 …

2017.07.24付け「編集手帳」要約

水中遺跡の保護の理解を

2017年7月24日付け「編集手帳」要約 日本には、387の水中遺跡が確認されている。 しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。 文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言 …

2018.01.19付け「編集手帳」要約

また負けてしまった。

2018年1月19日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を沸かせた取組の一つに、麒麟児−富士桜がある。 今の大相撲はこの一番がないが、取組によらず興奮の中に歓声の上がる取組がいくつもある。 相撲人気の揺 …

2017.05.18付け「編集手帳」要約

誠実で心優しく、似合いのお二人

2017年5月18日付け「編集手帳」要約 秋篠宮ご夫婦の長女、眞子さま(25)との「婚約」が報じられた。 そのお相手の小室圭さん(25)が、「お待ちいただき申し訳ございません」。 と、職場の前で待ち構 …