編集手帳

ナイスな雑草氏

投稿日:2018年4月21日 更新日:

2018年4月21日付け「編集手帳」要約

雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。
いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮かべる方が多いだろう。
悪天候を苦にする世界の一流どころをどんどん置き去りにするこのたくましさはなんだろう。
実業団などのエリート街道とは無縁の「走る公務員」だった。
ひとりでただ、走り続ける人だった。
帰国後来春プロになることを宣言した。
来春とは職場への欠員への配慮だろう。
どこまでも繁茂して欲しいと思うナイスな雑草氏である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.20付け「編集手帳」要約

例えが見つからない光景

2018年2月20日付け「編集手帳」要約 スピードスケート女子500メートルに輝いた小平奈緒選手。 その滑りを「獣」に例えたことが妥当かという話題が平昌五輪で話題になった。 その滑りよりも、視聴者の心 …

2017.06.29付け「編集手帳」要約

罪な会社

2017年6月29日付け「編集手帳」要約 一体何時の時代の出来事だろう。 奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。 車いすごと担いだり、抱きかかえて …

2017.10.20付け「編集手帳」要約

頼るべき友人が現れた

2017年10月20日付け「編集手帳」要約 囲碁の完璧な人工知能(AI)を開発したと、米グーグル系企業が発表した。 定石を一切習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だという。 …

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …