編集手帳

メッキの下にあるものは?

投稿日:2018年4月10日 更新日:

2018年4月10日付け「編集手帳」要約

太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。
財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。
森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚した。
優秀な人の集まりのはずが、メッキの下にあるものは?
きのうの国会では、その二文字を議場で声にした与党議員がいた。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.12.09付け「編集手帳」要約

未来を照らす光になればいい

2018年12月9日付け「編集手帳」要約 富裕層、と呼ばれる訪日客向けの特別なサービスに知恵を絞る自治体が増えている。 春日大社の夜間貸し切り、刀鍛冶による唯一無二の日本刀作り。 大胆なメニューとその …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2017.03.08付け「編集手帳」要約

のんびりしていた昔よカンバック!

2017年3月8日付け「編集手帳」要約 西部劇『シェーン』の一場面、町の雑貨屋で通信販売のカタログを開き注文する。 商品が馬車で届くまで、どのくらい待ったのだろう。 今や指先ひとつ、インターネット通販 …

2018.02.26付け「編集手帳」要約

雪割草をイメージさせる競演

2018年2月26日付け「編集手帳」要約 「雪割草」は根雪の下で酷寒に耐え、少しずつ根を伸ばしながら春を待つ。 雪解けを待ちかねるように、いち早く可憐な花を開く。 忍耐、健気さ、屈しない心、人しれぬ努 …

2018.12.31付け「編集手帳」要約

今年も多くの人が旅立った

2018年12月31日付け「編集手帳」要約 今年も惜しまれながら多くの人が旅立った。 燃える男、星野仙一さん(享年70)は、 東日本大震災のあと、東北楽天を日本一に導き男泣きした。 鉄人、衣笠祥雄さん …