編集手帳

残したものは何だったのか

投稿日:2018年4月7日 更新日:

2018年4月7日付け「編集手帳」要約

歩けなかったクララがアルプスの草原に立つ場面を思い出し、涙腺がゆるむ方もおいでだろう。
いくつもの心温まる作品を生み出した高畑監督が82歳で亡くなった。
その人の感性の路線は、続く『フランダースの犬』に生きた。
ハッピーエンドの物語が出回るなか、最後は原作通りの悲劇となっている。
アニメという娯楽の世界に高畑さんが残したものは何だったのだろう。
涙の匂いと一緒に考えてみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …

2017.04.24付け「編集手帳」要約

普通のふれあいも旅の醍醐味だ

2017年4月24日付け「編集手帳」要約 3月に日本を訪れた外国人旅行者は、3月として過去最高を更新した。 全国各地で、観光戦略作りを担う法人の設立。 地域の企業や団体が連携してお客を呼びこむ知恵を出 …

2017.11.05付け「編集手帳」要約

色々な形で古典にであうのもいい

2017年11月5日付け「編集手帳」要約 一見古びているようで、新しい。 それが古典の力というものだろう。 80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。 宮崎駿監督が同名映画の新作制 …

2017.11.08付け「編集手帳」要約

冬が来ましたね

2017年11月8日付け「編集手帳」要約 キリギリスは秋の季語だが、漢字にすると冬という字が入る。 その季節に縁があるらしい、暦が立冬を告げたきのう、ピンク色のキリギリスが見つかったという、楽しい話題 …

2018.08.21付け「編集手帳」要約

きょうの甲子園は何の日になる

2018年8月21日付け「編集手帳」要約 今夏の夏の甲子園で、笑顔と大声で、校歌をうたう金足農業高校の選手たち。 地元の子で占める県立の農業高校が決勝の舞台にコマを進めた。 土壇場の逆転劇で、ハラハラ …