編集手帳

残したものは何だったのか

投稿日:2018年4月7日 更新日:

2018年4月7日付け「編集手帳」要約

歩けなかったクララがアルプスの草原に立つ場面を思い出し、涙腺がゆるむ方もおいでだろう。
いくつもの心温まる作品を生み出した高畑監督が82歳で亡くなった。
その人の感性の路線は、続く『フランダースの犬』に生きた。
ハッピーエンドの物語が出回るなか、最後は原作通りの悲劇となっている。
アニメという娯楽の世界に高畑さんが残したものは何だったのだろう。
涙の匂いと一緒に考えてみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2018.03.13付け「編集手帳」要約

滑稽多弁な元理財局長

2018年3月13日付け「編集手帳」要約 「森友学園」問題で、財務省理財局長として不信を招く答弁を国会で繰り返した佐川宣寿氏。 決裁文書の書き換えは国会答弁との整合性を図るためだったという。 国有財産 …

2018.06.15付け「編集手帳」要約

順序が違わないか

2018年6月15日付け「編集手帳」要約 きのうパワハラ問題で日本レスリング協会強化本部長を辞任した栄和人氏が記者会見を開いた。 「深くおわびする」と伊調選手とコーチへ謝罪した。 とはいえ、誠実さは伝 …

2018.07.21付け「編集手帳」要約

水悩月の対策は全てしておきたい

2018年7月21日付け「編集手帳」要約 旧暦の6月の別名は「水無月」。 史上最速の梅雨明け宣言が出た関東甲信地方では、取水制限を始めた河川もある。 2020年東京五輪の競技日程が承認された。 この「 …

2017.01.27付け「編集手帳」要約

“□溶性”の空欄が埋まるといい

何の業種であれ、仕事に疲労はつきものである。 〈精神の疲労はアルコールを求め、肉体の疲労は甘みを求める〉。 疲労にも“酒溶性”や“糖溶性”の種類があるらしい。 その人の場合は“□溶性”、空欄だったよう …