編集手帳

夕焼けが好きな子供を増やした

投稿日:2018年4月5日 更新日:

2018年4月5日付け「編集手帳」要約

鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。
「私は夕焼けの嫌いな子供でした」
友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。
今の貧困家庭に育つ子供たちの目に映る夕焼けはどんなだろう。
無料または数百円で食事を提供する「子供食堂」が全国で2286か所にのぼるという。
貧しさばかりでなく、見守りや共働き家庭の「孤食」の解決に手を貸す人もいる。
夕焼けがすきな子供をどんどん増やしたことだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2018.06.08付け「編集手帳」要約

喋った方がいいのか

2018年6月8日付け「編集手帳」要約 日本動物園水族館協会に次の倫理規定がある。 〈過度な擬人化は行ってはならない〉。 「過度」の解釈は施設により様々で混乱も少なくない。 人気の動物の写真集に「ぼく …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.08.02付け「編集手帳」要約

ボクシングより奇妙は身分

2018年8月2日付け「編集手帳」要約 「ボクシングは奇妙なスポーツだ。同じことを街でやってみろ。たちまち逮捕される」 ボクシングはただの殴り合いではない。 奇妙でないことを訴え続けすそ野を広げてきた …

2017.01.25付け「編集手帳」要約

人の世は花びらを支え合う世界

藤沢周平さんが69歳で世を去って、あすで20年になる。 裏梅のような、身の凍える風雪のなかでほころぶ梅の花の後ろ姿のように、独特な風情がある作風である。 この20年間、大きな地震、噴火、豪雨災害があっ …