編集手帳

悠々として急げ

投稿日:2018年4月1日 更新日:

2018年4月1日付け「編集手帳」要約

現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。
新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじろぐ。
だが、「そういう時代だから」という常套句にびくともしない仕事のキモがある、とも思う。
明日が入社式という新入社員諸氏も多かろう。
当分はお見合い期間だ。
どうか良縁となるように。
「悠々として急げ」という隻句を贈る。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.01付け「編集手帳」要約

笑顔で懺悔の6月をもう一度

2018年6月1日付け「編集手帳」要約 8年前のW杯の岡田監督率いる日本代表は期待値が低かった。 ところが本番に入るとまさかの躍進。 その年の流行語の一つは「岡ちゃん、ごめんね」だった。 W杯ロシア大 …

2017.10.05付け「編集手帳」要約

その花は誰のために何を伝えるだろう

2017年10月5日付け「編集手帳」要約 東京・大手町の小社の屋上で社会部のY記者が育てたヒマワリが大輪を広げた。 6年前交通事故で亡くなった当時4歳の東陽大ちゃんは幼稚園で育てていた。 その種が母の …

2017.04.07付け「編集手帳」要約

そっくり返ったドブ板

2017年4月7日付け「編集手帳」要約 「日なたのドブ板じゃないが、すぐそっくり返る…」 ドブ板選挙で、有権者一人ひとりに支持を訴え頭を下げに下げて当選すると、 いやに偉そうなドブ板になってしまう人が …

2017.04.15付け「編集手帳」要約

梅若の涙

2017年4月15日付け「編集手帳」要約 梅若伝説を人々は謡曲『隅田川』にして語り継いできた。 どの時代、どの親にとっても、身につまされる悲しい劇だったからにちがいない。 今年の「梅若忌」は、9歳の少 …

2018.01.15付け「編集手帳」要約

小豆粥をすすりつつ息災を祈る

2018年1月15日付け「編集手帳」要約 小正月に食べる小豆粥は、韓国でも汁粉風のスタイルで親しまれている。 韓国映画『王になった男』では、一杯の小豆粥が人の心を動かし、結びつける。 暴君と瓜二つの道 …