編集手帳

悠々として急げ

投稿日:2018年4月1日 更新日:

2018年4月1日付け「編集手帳」要約

現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。
新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじろぐ。
だが、「そういう時代だから」という常套句にびくともしない仕事のキモがある、とも思う。
明日が入社式という新入社員諸氏も多かろう。
当分はお見合い期間だ。
どうか良縁となるように。
「悠々として急げ」という隻句を贈る。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.18付け「編集手帳」要約

もう対懣はよしましょう

2018年8月18日付け「編集手帳」要約 〈タイマンをはる〉の語源は雑学本によると古代中国の「対懣」とされている。 だが。中国の文献では見かけることはなくちょっと怪しい。 東シナ海に設ける禁漁期が今年 …

2017.11.30付「編集手帳」要約

どうかしている

2017年11月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。 日本海には最近、北の漁師が出漁している。 「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」 核 …

2017.03.16付け「編集手帳」要約

星案内へ司法の発した宿題

2017年3月16日付け「編集手帳」要約 放送局で衛星中継のことを〈星送り〉と呼んだ。 それにならえばGPSは〈星案内〉とでもなろう。 漢字の「星」がカタカナの“ホシ”になると意味が変わる。 捜査機関 …

2017.09.14付け「編集手帳」要約

いつの世にも変わらぬ鉄則

2017年9月14日付け「編集手帳」要約 1960年に当時の科学技術庁の監修で、40年先の科学技術を予測した『21世紀への階段』という本が出た。 その項目の一つに〈台風の家畜化〉がある。 21世紀には …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …