編集手帳

悠々として急げ

投稿日:2018年4月1日 更新日:

2018年4月1日付け「編集手帳」要約

現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。
新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじろぐ。
だが、「そういう時代だから」という常套句にびくともしない仕事のキモがある、とも思う。
明日が入社式という新入社員諸氏も多かろう。
当分はお見合い期間だ。
どうか良縁となるように。
「悠々として急げ」という隻句を贈る。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.24付け「編集手帳」要約

たくましい11人の奮闘を願う

2018年6月24日付け「編集手帳」要約 サッカーのW杯、日本の第2戦はセネガルが相手だ。 その国のシンボル、バオバブの木は食品や薬など100以上もの使い道がある。 近年は保湿効果の高いオイルや整腸作 …

2017.12.27付け「編集手帳」要約

おっちょこちょいのAI氏はいないだろう

2017年12月27日付け「編集手帳」要約 狐狸庵先生には人違いに関する出色の逸話がある。 作家仲間との宴の席で、狐狸庵先生と気が付かないかつての教え子に、恥ずかしい話をされたそうだ。 顔認証技術は、 …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2017.07.27付け「編集手帳」要約

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

2017年7月27日付け「編集手帳」要約 ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。 鏡は時に厄介なものである。 権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも …

2017.05.06付け「編集手帳」要約

もうひと頑張りお願いしたい

2017年5月6日付け「編集手帳」要約 高速道路の渋滞で、夜の下り線を埋め尽くすテールランプには悲壮感が漂う。 技術革新が進み、自動運転や観光バスのギアがオートマチックになると、赤いテールランプのイメ …