編集手帳

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

投稿日:2018年3月31日 更新日:

2018年3月31日付け「編集手帳」要約

今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。
著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。
背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッタの生態を突き止める過程や、困窮した苦労もつづられている。
ポスドクという言葉は、博士号取得後の難儀な就職事情によく使われるけれど、
元気な奮闘物語がここにある。
一心に現場をかけまわる感じがいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.19付け「編集手帳」要約

文字を紙などの物として残す意味

2018年11月19日付け「編集手帳」要約 文字こそが歴史を証言することは明白だ。 古代史を語る上で、「古事記」「日本書紀」の存在は圧倒的である。 文字情報はネットがあればいいという向きがある。 数百 …

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2017.12.31付け「編集手帳」要約

今年も多くの人が旅立った

2017年12月31日付け「編集手帳」要約 今年も多くの人が旅立った。 日本シリーズで審判への抗議で1時間以上中断させた、熱血漢、上田利治元阪急監督。 数々の叙情あふれる演歌を残した、船村徹さん。 か …

2017.04.25付け「編集手帳」要約

昭和の名調子に西陽が差す

2017年4月25日付け「編集手帳」要約 三遊亭円歌さんが85歳で亡くなった。 渋い芸風や枯淡の境地には目もくれず、爆笑落語ひと筋の道を歩み通した人である。 「山のアナアナ、あなた、もう寝ましょうよ」 …

2017.03.25付け「編集手帳」要約

不来方

2017年3月25日付け「編集手帳」要約 「不来方」 岩手・盛岡の古名で、啄木の歌集にも出てくる地名である。 昨日甲子園で、伝統の名を胸に掲げる不来方高校の球児たちが登場した。 選手10人のチームで、 …