編集手帳

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

投稿日:2018年3月31日 更新日:

2018年3月31日付け「編集手帳」要約

今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。
著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。
背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッタの生態を突き止める過程や、困窮した苦労もつづられている。
ポスドクという言葉は、博士号取得後の難儀な就職事情によく使われるけれど、
元気な奮闘物語がここにある。
一心に現場をかけまわる感じがいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2018.06.15付け「編集手帳」要約

順序が違わないか

2018年6月15日付け「編集手帳」要約 きのうパワハラ問題で日本レスリング協会強化本部長を辞任した栄和人氏が記者会見を開いた。 「深くおわびする」と伊調選手とコーチへ謝罪した。 とはいえ、誠実さは伝 …

2017.01.27付け「編集手帳」要約

“□溶性”の空欄が埋まるといい

何の業種であれ、仕事に疲労はつきものである。 〈精神の疲労はアルコールを求め、肉体の疲労は甘みを求める〉。 疲労にも“酒溶性”や“糖溶性”の種類があるらしい。 その人の場合は“□溶性”、空欄だったよう …

2017.02.01付け「編集手帳」要約

心おきなく野球をしたかっただろう

17歳の時、ベーブルースのいる大リーグ選抜をなで斬りにし、 巨人で活躍し、27歳で戦死した沢村栄治。 きょうは沢村の生誕100年の日にあたる。 また、プロ野球春季キャンプが始まる日でもある。 心おきな …

2017.06.28付け「編集手帳」要約

次の完全数は496。まさか、ね。

2017年6月28日付け「編集手帳」要約 「完全数の“28”には愛着があります」。 30年にわたって28連勝の記録を守り続けた将棋の神谷広志八段がいつぞや語っていた。 少し前まで、28連勝は難攻不落、 …