編集手帳

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

投稿日:2018年3月31日 更新日:

2018年3月31日付け「編集手帳」要約

今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。
著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。
背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッタの生態を突き止める過程や、困窮した苦労もつづられている。
ポスドクという言葉は、博士号取得後の難儀な就職事情によく使われるけれど、
元気な奮闘物語がここにある。
一心に現場をかけまわる感じがいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.03付け「編集手帳」要約

駅伝を人間の年齢にあてはめる

箱根駅伝のテレビ中継を見ていて、各区間に人間の年齢をあてはめてみるときがある。 平均寿命を全行程とすれば、往路2区は青春前半。 往路5区・復路6区は30代半ばから40代後半。 人生の山坂が重なる競技で …

2017.10.31付け「編集手帳」予約

時々おもらしをする五穀輪廻

2017年10月31日付け「編集手帳」要約 都市の下水道網は壮大な五穀輪廻だろう。 ところが時々、おもらしをするらしい。 大雨だと、雨水が下水管に入り込み、あふれて川や海に注ぐという。 東京湾の水質調 …

2017.10.16付け「編集手帳」要約

三都物語の評判は

2017年10月16日付け「編集手帳」要約 東京と大阪、愛知3都府県が連携する「三都物語」の評判はどうだろう。 3都府県の経済規模は全国の3割を占める。 成長のエンジン役を果たす決意は頼もしい。 一方 …

2017.11.30付「編集手帳」要約

どうかしている

2017年11月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。 日本海には最近、北の漁師が出漁している。 「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」 核 …

2017.03.04付け「編集手帳」要約

果し状の相手が違っている

2017年3月4日付け「編集手帳」要約 「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。 “三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。 みんなで決めたことで、「私だ …