編集手帳

こちらは答えが多いほうがよろしい

投稿日:2018年3月29日 更新日:

2018年3月29日付け「編集手帳」要約

入試シーズンが一段落した。
最近まで“風物詩”のように各地の高校、大学の出題ミスが報じられた。
だが大阪大学、京都大学の件は昨年のの試験で、風物詩でなかった。
外部の指摘がなければ、わからないケースだった。
再発防止策は両大学ばかりか、試験にかかわる全ての関係者への問でもあろう。
こちらは三つ、四つと答えが多いほうがよろしいかも。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.30付け「編集手帳」要約

颶風一過はどうなっているのか

2017年9月30日付け「編集手帳」要約 内田百閒によると颱風よりも激しい暴風を「颶風」という。 今回政界を見舞った暴風雨は、颶風と呼ぶにふさわしかろう。 今回の風は、台風のように進路や規模が予測でき …

2018.01.08付け「編集手帳」要約

荒波にさらされてわかるもの

2018年1月8日付け「編集手帳」要約 アモス・オズさんが人間の二面性を表現した言葉がある。 〈だれもが半島だ。半分は大陸にくっついて、もう半分は大海に突き出ている〉 家族、友人、文化が大陸を形作る。 …

2018.10.24付け「編集手帳」要約

選べるなら後ろがよい

2018年10月24日付け「編集手帳」要約 全日本実業団女子駅伝予選会で、 岩谷産業の2区・飯田怜選手はラストをはって進み、たすきをつないだ。 監督は棄権を申し出たが、現場に伝わらず、その光景がテレビ …

2018.10.21付け「編集手帳」要約

少年らの瞳に映る四季を夢想する

2018年10月21日付け「編集手帳」要約 梅が咲いた、モズが鳴いた、トカゲを見た。 季節の移ろいは動植物の目配りから読み取ることができる。 南アルプス市の芦安地区で、半世紀以上中学生の新聞配達が続く …

2017.12.24付け「編集手帳」要約

もっと顧みられてもよい人

2017年12月24日付け「編集手帳」要約 山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。 学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。 その教育方針は、自 …