編集手帳

「human rights」が「不満」に見える

投稿日:2018年3月28日 更新日:

2018年3月28日付け「編集手帳」要約

「森友文書」改ざん問題をめぐる衆参両院での証人喚問。
真相解明を図る議会の利益と証言を拒否できる個人の権利が油と水のように交わらなかった。
改ざんは「首相官邸に報告することはなく、指示もない」
そこだけはきっぱりと述べた。
国民の知る権利は今のところ劣勢と言えるかもしれない。
「human rights(人権)」が、ローマ字読みで「不満」に見える人も多いことだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …

2018.05.23付け「編集手帳」要約

会見を幹部はどう思ったのだろう

2018年5月23日付け「編集手帳」要約 矛盾だらけの世界から身を引くことを決めたに違いない。 アメフトの危険なタックル問題で名前と顔を明らかにし、真相を語った日本大学の選手である。 実践形式の練習を …

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …

2017.03.21付け「編集手帳」要約

春場所で邪気を払う

2017年3月21日付け「編集手帳」要約 大相撲春場所が湧いている、 新横綱の稀勢の里、新入幕の宇良と土俵をにぎわせている。 観戦をしていると、事件つづきでふさいだ心がやわらぐ。 力士の手形が江戸時代 …

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …