編集手帳

「human rights」が「不満」に見える

投稿日:2018年3月28日 更新日:

2018年3月28日付け「編集手帳」要約

「森友文書」改ざん問題をめぐる衆参両院での証人喚問。
真相解明を図る議会の利益と証言を拒否できる個人の権利が油と水のように交わらなかった。
改ざんは「首相官邸に報告することはなく、指示もない」
そこだけはきっぱりと述べた。
国民の知る権利は今のところ劣勢と言えるかもしれない。
「human rights(人権)」が、ローマ字読みで「不満」に見える人も多いことだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …

2017.01.03付け「編集手帳」要約

駅伝を人間の年齢にあてはめる

箱根駅伝のテレビ中継を見ていて、各区間に人間の年齢をあてはめてみるときがある。 平均寿命を全行程とすれば、往路2区は青春前半。 往路5区・復路6区は30代半ばから40代後半。 人生の山坂が重なる競技で …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …

2017.04.24付け「編集手帳」要約

普通のふれあいも旅の醍醐味だ

2017年4月24日付け「編集手帳」要約 3月に日本を訪れた外国人旅行者は、3月として過去最高を更新した。 全国各地で、観光戦略作りを担う法人の設立。 地域の企業や団体が連携してお客を呼びこむ知恵を出 …