編集手帳

日本にはすごい花がある

投稿日:2018年3月27日 更新日:

2018年3月27日付け「編集手帳」要約

昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。
現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程度。
せき立てられる気持が、年に一度の花見を一層盛り上げるのかもしれない。
〈桜咲けばスーパーに買ふこんにゃくもさくらまつりの中にはなやぐ〉
桜の花が咲くと、世の中全体がはなやいで、こんにゃくでさえ、うきうきして見えるらしい。
日本にはすごい花がある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2017.08.14付け「編集手帳」要約

我が故郷に危機は迫っていないか

2017年8月14日付け「編集手帳」要約 香港で大ヒットした『十年」の日本公開が始まった。 この都市の「2025年」を描いた、若手監督5人の短編からなる。 〈見慣れた風景の中で不穏な未来が描かれている …

2018.06.14付け「編集手帳」要約

小説を超える迫力ある教訓に

2018年6月14日付け「編集手帳」要約 約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。 関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。 その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある …

2017.02.14付け「編集手帳」要約

曇りの日に恋しい人

きょうは山本周五郎の没後50年の命日。 浮世の辛酸をなめて生きる市井の人々に慈愛のまなざしを向けつづけた人である。 あらゆる文学賞を固辞した。 不遇の人に読まれることが受賞にまさる誇りだったのかもしれ …

2017.11.01付け「編集手帳」要約

事件の展開に胸を痛めるだろう

2017年11月1日付け「編集手帳」要約 警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者。 自宅アパートから切断された9人の遺体が見つかり、全員の殺害を認めている。 トールマン・カポティーニのドキュメ …