編集手帳

日本にはすごい花がある

投稿日:2018年3月27日 更新日:

2018年3月27日付け「編集手帳」要約

昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。
現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程度。
せき立てられる気持が、年に一度の花見を一層盛り上げるのかもしれない。
〈桜咲けばスーパーに買ふこんにゃくもさくらまつりの中にはなやぐ〉
桜の花が咲くと、世の中全体がはなやいで、こんにゃくでさえ、うきうきして見えるらしい。
日本にはすごい花がある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.10付け「編集手帳」要約

赤い花びらに重なる子供の顔を忘れまい

2017年12月10日付け「編集手帳」要約 絵本画家いわさきちひろは、シクラメンの赤い花びらに戦争の炎を思い、一枚一枚に幼い子供の顔を描いた。 世界では今も多くの子供が紛争に苦しめられている。 本物の …

2017.01.18付け「編集手帳』要約

浮世のマナー

〈渡る世間に鬼はなし〉、〈人を見たら泥棒と思え〉という矛盾する二つのことわざ。 いずれが実で、いずれが虚かを論じても意味はあるまい。 ただし、“鬼なし”派よりも“泥棒”派のほうが心のありようは不幸であ …

2018.05.19付け「編集手帳」要約

ヒューマンストーリーに欠ける騒ぎ

2018年5月19日付け「編集手帳」要約 アメリカンフットボールの試合で無防備な相手にタックルを仕掛ける映像。 なぜそこまで獰猛になったのか。 日大の説明がすっきりしない。 まるで学生の勝手な勘違いで …

2018.01.14付け「編集手帳」要約

冬の香りを楽しみたい

2018年1月14日付け「編集手帳」要約 正月を締めくくるどんと焼き。 立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。 食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせな …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …