編集手帳

日本にはすごい花がある

投稿日:2018年3月27日 更新日:

2018年3月27日付け「編集手帳」要約

昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。
現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程度。
せき立てられる気持が、年に一度の花見を一層盛り上げるのかもしれない。
〈桜咲けばスーパーに買ふこんにゃくもさくらまつりの中にはなやぐ〉
桜の花が咲くと、世の中全体がはなやいで、こんにゃくでさえ、うきうきして見えるらしい。
日本にはすごい花がある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.08付け「編集手帳』要約

国際社会が震撼する公約の実行

2017年12月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領がまたひとつ公約を果たした。 「エルサレムをイスラエルの首都と認める」との宣言に、国際社会が震撼する。 中東和平が崩壊しないか、テロを誘発しない …

2017.03.03付け「編集手帳」要約

かつての宝たち、お帰り

2017年3月3日付け「編集手帳」要約 ニシンは漢字で「鰊」のほかに、「鯡」とも書く。 魚に非ず。 宝であったろう。 江差町では104年ぶりに、“群来”が確認された。 魚の話題には「不漁」「漁獲規制」 …

2017.06.18付け「編注手帳」要約

父親のにおい

2017年6月18日付け「編集手帳」要約 「におい」は、良いにおいは「匂い」に、不快なにおいは「臭い」に変換される。 お母さんのにおいは、「匂い」になるだろう。 お父さんのにおいはどうか。 江藤淳の『 …

2017.02.22付け「編集手帳」要約

好奇心を内蔵した魔の写真機

2017年2月22日付け「編集手帳」要約 「魔の写真機」(マノシャシンキ)。 言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。 篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたと …

2017.01.11付け「編集手帳」要約

末は博士か大臣か

『大人になったらなりたい職業』で男子の保育園児と小学生で「学者・博士」が2位となった。 前年8位からの急浮上という。 研究以外は目に入らない没頭ぶりは学者に共通する習性であり、魅力でもあろう。 そうい …