編集手帳

そだねーと頷きがたい

投稿日:2018年3月23日 更新日:

2018年3月23日付け「編集手帳」要約

道内の菓子企業が「そだねー」の商標登録を出願した。
北海道に「放っておいて」と思う人は少なくないだろう。
平昌五輪のカーリング女子、LS北見の選手らが口にした地元なまりの言葉である。
企業は「道外企業に商標登録されトラブルになることを防ぐ…、弊社に申請すれば自由に使える仕組みにしたい」という。
そこに一筋の道理があるとしても、どうだろう。
もとをただせば持ち主は、温かな響きのこもる言葉を育んだ庶民である。
そだねーと頷きがたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.26付け「編集手帳」要約

金色に輝く頭の中は推測しがたい

「不公平だ」 トランプ大統領が日本の自動車市場をやり玉に挙げた。 しかし、日本は何ひとつ差別していない。 80年台からタイムマシンに乗って飛来したかのような、時代錯誤の乱暴な発言だ。 ただの不勉強なの …

2017.11.29付け「編集手帳」要約

説明がなければ世間は納得しない

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 【不祥】はっきりしないこと。 【未詳】まだ、はっきりしないこと。 大相撲の横綱・日馬富士の暴行問題は、いわば未詳事件だろう。 横綱がどんな暴力をふるったか、 …

2018.10.15付け「編集手帳」要約

現代の「稲むらの火」を求む

2018年10月15日付け「編集手帳」要約 江戸末期の安政南海地震の際、浜口梧陵は稲束に火を放ち津波から村人を守った。 後に「稲むらの火」の物語となり、後世に語り継がれていく。 大規模な災害が相次いで …

2018.04.15付け「編集手帳」要約

記憶という宝をどう生かすか

2018年4月15日付け「編集手帳」要約 『熊本明治震災日記』は水島日記とも呼ばれる。 地震の発生から一月の間、明治期の熊本がどんな混乱に陥ったか、被災者の目線で記してある。 生々しく詳密な記述が、ま …

2018.11.17付け「編集手帳」要約

一本線を入れ身を引き締めよ

2018年11月17日付け「編集手帳」要約 「お酒落禁止」と居酒屋のメニューの端に、「お洒落」のもじりが書かれていた。 「洒」は一本線が入ると「酒」になる。 それに「落」がついて、酒には落とし穴がある …