編集手帳

刃のない言葉に不思議とほっとする

投稿日:2018年3月21日 更新日:

2018年3月21日付け「編集手帳」要約

弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。
相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って身の暴力根絶を目指す取り組みをファンは望んでいよう。
なにせこの数か月間に被害者、加害者の両方の側を経験したのだから。
むろんいい話ではないが、今のところは不思議とほっとする。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.05付け「編集手帳」要約

円盤はロマンを求める人の心の中にある

2018年3月5日付け「編集手帳」要約 空飛ぶ円盤は宇宙人の乗り物という呪縛は今も根強くあるうようだ。 だが、日本政府も米国も異星人が来た証拠は得られなかったと公式に言っている。 三島由紀夫は一時期、 …

2017.05.11付け「編集手帳」要約

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

2017年5月11日付け「編集手帳」要約 〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。 と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。 新大統領、文在寅氏はどうだろう …

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …

2017.02.23付け「編集手帳」要約

銀幕に奇跡を求めた人

2017年2月23日付け「編集手帳」要約 40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、 60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。 薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、 …

2017.03.15付け「編集手帳」要約

ピカッと光るものがある

2017年3月15日付け「編集手帳」要約 関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。 万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。 世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。 “スベ …