編集手帳

刃のない言葉に不思議とほっとする

投稿日:2018年3月21日 更新日:

2018年3月21日付け「編集手帳」要約

弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。
相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って身の暴力根絶を目指す取り組みをファンは望んでいよう。
なにせこの数か月間に被害者、加害者の両方の側を経験したのだから。
むろんいい話ではないが、今のところは不思議とほっとする。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.26付け「編集手帳」要約

チャタテムシの吐息が聞こえる

2017年7月26日付け「編集手帳」要約 「茶立虫」は脚をこすって湯の沸くような音を出す、体長が1ミリの小さな虫だ。 久しぶりチャタテムシの消息を聞いた。 埼玉県立小児医療センターの手術室や病室で百数 …

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

2017.02.23付け「編集手帳」要約

銀幕に奇跡を求めた人

2017年2月23日付け「編集手帳」要約 40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、 60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。 薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、 …

2017.07.12付け「編集手帳」要約

誰のための警察かを明確に示せ

2017年7月12日「編集手帳」要約 『警視庁史』の明治編で、栗本鋤雲がパリで道に迷ったときポリスが宿まで送ってくれたと紹介している。 これが新時代の警察制度実現に拍車をかけた。 改正組織犯罪処罰法が …

2018.06.14付け「編集手帳」要約

小説を超える迫力ある教訓に

2018年6月14日付け「編集手帳」要約 約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。 関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。 その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある …