編集手帳

芝生はあまり青く見えないかも

投稿日:2018年3月20日 更新日:

2018年3月20日付け「編集手帳」要約

亡命した元ロシア軍大佐と娘が神経剤で襲撃された事件。
英国のメイ首相は情報活動に従事していたとして、露外交官23人を追放した。
プーチン氏は大統領選で7割以上の得票で悠々と再選を果たし、国際社会の批判もどこ吹く風である。
6月、サッカーW杯がそこで開幕する。
世界中の視線が注がれるだろう。
熱狂はいつも通りとしても、芝生はあまり青くは見えないかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.15付け「編集手帳」要約

今思えば皆遠火事のごとくなり

2017年6月15日付け「編集手帳」要約 1997年9月3日、巨人の王貞治選手が756本の本塁打世界記録を樹立した。 当時は、米大使が議題そっちのけで大記録の達成を待つほどの空気であった。 昨夜、40 …

2017.06.29付け「編集手帳」要約

罪な会社

2017年6月29日付け「編集手帳」要約 一体何時の時代の出来事だろう。 奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。 車いすごと担いだり、抱きかかえて …

2017.09.26付け「編集手帳」要約

痛みをどこに求めるか

2017年9月26日付け「編集手帳」要約 安倍首相が衆議院解散の意向を表明した。 期待と引き換えに票を募るのが選挙だと言える。 争点に消費税率引き上げによる増収分の使途。 借金返済から子育て支援充実な …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …

2018.01.13付け「編集手帳」要約

なぜ、この時期に試験を

2018年1月13日付け「編集手帳」要約 雪がすべての物音を吸収したかのような静けさは北国の興趣といわれる。 だが、今日ばかりは例外だろう。 今年の大学入試センター試験は各地で注意報が出る中で行なわれ …