編集手帳

北の動きを凝視していきたい

投稿日:2018年3月19日 更新日:

2018年3月19日付け「編集手帳」要約

「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。
北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。
はたして実体が伴うのか。
米朝首脳会談など一連の対話が核・ミサイル開発の時間稼ぎに使われないか。
北の動きを凝視していきたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

2017.03.21付け「編集手帳」要約

春場所で邪気を払う

2017年3月21日付け「編集手帳」要約 大相撲春場所が湧いている、 新横綱の稀勢の里、新入幕の宇良と土俵をにぎわせている。 観戦をしていると、事件つづきでふさいだ心がやわらぐ。 力士の手形が江戸時代 …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2018.07.11付け「編集手帳」要約

てんでんばらばらな病院

2018年7月12日付け「編集手帳」要約 てんでんばらばらの「てんでん」は、否定的に使われる。 しかし、漁師町、銚子市には「てんでんしのぎ」という言葉が伝わる。 海の仕事は危険だ。 船員一人ひとりに「 …

2017.04.26付け「編集手帳」要約

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

2017年4月26日付け「編集手帳」要約 土岐善麿は歌人として知られる。 が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。 土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917 …