編集手帳

たまにはバスを待ってみようか

投稿日:2018年3月18日 更新日:

2018年3月18日付け「編集手帳」要約

バスという乗り物は、車内でお国言葉が行き交い、地方の人々の一日一日を支える人間くさい乗り物だ。
その実、現場には厳しい現実が横たわる。
乗客数はピーク時の4割まで減り、規制緩和で過当競争が進む。
地方事業者の8割が赤字経営だという。
〈バスを待ち大路の春をうたがはず〉
今日の一日、たまにはバスを待ってみようか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.21付け「編集手帳」要約

きょうの甲子園は何の日になる

2018年8月21日付け「編集手帳」要約 今夏の夏の甲子園で、笑顔と大声で、校歌をうたう金足農業高校の選手たち。 地元の子で占める県立の農業高校が決勝の舞台にコマを進めた。 土壇場の逆転劇で、ハラハラ …

2018.01.23付け「編集手帳」要約

スコップよりシャベルが必要な日

2018年1月23日付け「編集手帳」要約 〈スコップはシャベルより小型のものをいうことが多いが、地方によって逆の場合もある〉(大辞泉)。 関東地方で今日あたり必要なものはシャベルと呼んだほうが良さそう …

2017.07.08付け「編集手帳」要約

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

2017年7月8日「編集手帳」要約 デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。 芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。 交番に勤務しながら「似顔絵捜査 …

2017.04.05付け「編集手帳」要約

世に不届き者の種は尽きまじ

2017年4月5日付け「編集手帳」要約 世に不届き者の種は尽きまじ。 無理な格安商法で破綻した旅行会社「てるみくらぶ」である。 破産手続きに入る直前まで客を募るとは、どういう神経だろう。 被害者がダル …

2018.04.21付け「編集手帳」要約

ナイスな雑草氏

2018年4月21日付け「編集手帳」要約 雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。 いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮 …