編集手帳

たまにはバスを待ってみようか

投稿日:2018年3月18日 更新日:

2018年3月18日付け「編集手帳」要約

バスという乗り物は、車内でお国言葉が行き交い、地方の人々の一日一日を支える人間くさい乗り物だ。
その実、現場には厳しい現実が横たわる。
乗客数はピーク時の4割まで減り、規制緩和で過当競争が進む。
地方事業者の8割が赤字経営だという。
〈バスを待ち大路の春をうたがはず〉
今日の一日、たまにはバスを待ってみようか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.02付け「編集手帳」要約

十日一嵐

2017年8月2日付け「編集手帳」要約 天下太平の世を例えて、〈五日一風、十日一雨〉という。 天下不穏の“10日間”騒動である。 トランプ大統領が、10日前にみずから広報部長に指名したばかりのスカラム …

2018.10.02付け「編集手帳」要約

恐れながらも牛あげます

2018年10月2日付け「編集手帳」要約 パソコンの誤変換、「高価な品物」と入力して「効果無しな物」と出てきた。 ふるさと納税の問題で、高額な返礼を続ける自治体を対象から外すという。 それを受けて泉佐 …

2017.11.24付け「編集手帳」要約

赤にのみ込まれるようでは困る

2017年11月24日付け「編集手帳」要約 きょうは「ブラックフライデー」、感謝祭の翌日の金曜日のことで年末商戦の幕開けを告げる。 小売店の黒字が膨らむことからこうよばれるらしい。 この黒字の金曜日に …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.09.13付け「編集手帳」要約

教員の方々に自覚を持ってほしい

2018年9月13日付け「編集手帳」要約 新潟県教委の調査を委託された第三者委のまとめた報告書の一字一句が痛ましい。 少年の背をついたのは、いじめの苛烈さではなく教員の態度だと言っている。 踏み込んだ …