編集手帳

100年ぶりの新種クマノザクラ

投稿日:2018年3月16日 更新日:

2018年3月16日付け「編集手帳」要約

紀伊半島南部に自生しているサクラが新種とわかった。
サクラの新種発見は100年ぶりで、「クマノザクラ」と命名された。
熊野の人々の間では、同じ野生種のヤマザクラより開花が2〜3週間早いサクラがあることは認識されたいた。
が、花の名がどうというより、季節の約束通りに咲く花そのものに、ときめきなり、安らぎなりを感じて暮らしてきたのだろう。
きのうは列島各地が汗ばむほどの暖かさだった。
花の季節が巡ってきました。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2017.01.10付け「編集手帳」要約

同じ道をたどらないように祈る

田中角栄元首相の人物像にトランプ時期米大統領が重なる。 元首相は最小限の資料で自分なりの論理を立て、国会答弁を乗り切ったというが、 20日の就任を前に独自の勉強を重ね、準備を整えているように見られない …

2018.09.02付け「編集手帳」要約

買い物の楽しみの本質をみる

2018年9月2日付け「編集手帳」要約 大阪人=金にシビアという悪印象がある。 いま、新世界で風変わりなマーケットが大にぎわいを見せている。 すべての商品に値札がなく、店と客が会話して値段を決めるのだ …

2017.08.08付け「編集手帳」要約

“様”の一字を美しく書き添えた人

2017年8月8日付け「編集手帳」要約 気象キャスターの草分けでエッセイストの倉島厚さんが93歳で亡くなった。 その語り口から、美しい日本の四季に添えられた“様”の一字を感じ取った方は多かろう。 〈日 …

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …