編集手帳

100年ぶりの新種クマノザクラ

投稿日:2018年3月16日 更新日:

2018年3月16日付け「編集手帳」要約

紀伊半島南部に自生しているサクラが新種とわかった。
サクラの新種発見は100年ぶりで、「クマノザクラ」と命名された。
熊野の人々の間では、同じ野生種のヤマザクラより開花が2〜3週間早いサクラがあることは認識されたいた。
が、花の名がどうというより、季節の約束通りに咲く花そのものに、ときめきなり、安らぎなりを感じて暮らしてきたのだろう。
きのうは列島各地が汗ばむほどの暖かさだった。
花の季節が巡ってきました。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.07付け「編集手帳」要約

薫風はあすも吹く

2017年5月7日付け「編集手帳」要約 日曜の終わりが近づくと、あくる日のことを考えて憂鬱になる。 大型連休の最終日と重なる本日の日曜日は一層強まることだろう。 だが、五月は鰹がうまい。 ビアガーデン …

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2017.11.18付け「編集手帳」要約

ゆとり世代が出現する

2017年11月18日付け「編集手帳」要約 大学生の就職内定率が10月1日現在、過去最高の75.2%にのぼった。 高校生もバブル期並みの勢いという。 バブル時代に一つ良さを探すとすれば、学生側に選択肢 …

2018.01.29付け「編集手帳」要約

クローンで国宝の価値を再認識

2018年1月29日付け「編集手帳」要約 政府が昨年末に発表した「文化経済戦略」は、クローン文化財のような「高精細レプリカ」を、教育や観光の分野で活用する方針を盛り込んだ。 公開日数を制限されている重 …

2017.03.21付け「編集手帳」要約

春場所で邪気を払う

2017年3月21日付け「編集手帳」要約 大相撲春場所が湧いている、 新横綱の稀勢の里、新入幕の宇良と土俵をにぎわせている。 観戦をしていると、事件つづきでふさいだ心がやわらぐ。 力士の手形が江戸時代 …