編集手帳

魂が実証の旅に出かけた

投稿日:2018年3月15日 更新日:

2018年3月15日付け「編集手帳」要約

ノーベル賞は実験で検証されるもののみ賞が与えられると伝えられる。
そんな理由から、この人に送られることはないだろう。
「車いすの宇宙物理学者」スティーブン・ホーキング博士である。
検証が追いつかない事自体、偉大さの証明と言えよう。
きのう英国から死去の報が伝わった。
約2年前には、4光年離れた太陽系外の恒星に探査機を送る構想を発表した。
魂は実証の旅に出かけたのかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.27付け「編集手帳」要約

不詳、今頃になって気づく

2018年2月27日付け「編集手帳」要約 部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。 スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。 いずれ地域や保護 …

2017.11.06付け「編集手帳」要約

原点に回帰してもらいたい

2017年11月6日付け「編集手帳」要約 神戸製鋼所の品質偽装事件は、仕様に合わないものをトクサイと称して出荷していた。 企業倫理綱領に反していたにもかかわらず、経営陣からも現場からも、出荷をやめさせ …

2017.05.19付け「編集手帳」要約

五月蠅のようなニュース

2017年5月19日付け「編集手帳」要約 〈蠅は叩かれたくなければ蠅叩きの上にとまるのが安全である〉。 殺虫剤を塗布した無敵の蠅叩きがついに登場した。 米国の司法省が「特別検査官」を設置し、「ロシアゲ …

2017.11.20付け「編集手帳」要約

自ら政権を担う気概を示せ

2017年11月20日付け「編集手帳」要約 政治家の言葉は長く禍根を残す。 鳩山元首相が選挙戦で「最低でも県外」と展望もないまま打ち上げて実現せず、政治の混迷は極まった。 残像から逃れようと、民主党は …

2017.07.22付け「編集手帳」要約

この母にして、この子あり

2017年7月22日「編集手帳」要約 横綱白鳳の母タミルさんは、モンゴル巡業で谷川親方に、4年前の対戦のことを謝った。 伝え聞いた白鵬関は「…おふくろはありがたい」と苦笑したという。 帰化する道を息子 …