編集手帳

魂が実証の旅に出かけた

投稿日:2018年3月15日 更新日:

2018年3月15日付け「編集手帳」要約

ノーベル賞は実験で検証されるもののみ賞が与えられると伝えられる。
そんな理由から、この人に送られることはないだろう。
「車いすの宇宙物理学者」スティーブン・ホーキング博士である。
検証が追いつかない事自体、偉大さの証明と言えよう。
きのう英国から死去の報が伝わった。
約2年前には、4光年離れた太陽系外の恒星に探査機を送る構想を発表した。
魂は実証の旅に出かけたのかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …

2017.11.01付け「編集手帳」要約

事件の展開に胸を痛めるだろう

2017年11月1日付け「編集手帳」要約 警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者。 自宅アパートから切断された9人の遺体が見つかり、全員の殺害を認めている。 トールマン・カポティーニのドキュメ …

2018.03.26付け「編集手帳」要約

何を隠そうとしたのか

2018年3月26日付け「編集手帳」要約 日本軍の隠退蔵物資事件解明のため、どんな人でも呼び、証言を求めることができる法律を作った。 証人喚問を定めた議員証言法だ。 佐川宣寿・前国税庁長官があす証人喚 …

2017.08.31付け「編集手帳」要約

平和を守る決意が試される

2017年8月31日付け「編集手帳」要約 8月、年々歳々巡り来て日本人は〈愚かな戦争をしたこと〉に思いを致し、平和の2文字を胸に刻む。 今年は、例年と違う8月だった。 いまも〈愚かさを見せている人間の …

2017.02.14付け「編集手帳」要約

曇りの日に恋しい人

きょうは山本周五郎の没後50年の命日。 浮世の辛酸をなめて生きる市井の人々に慈愛のまなざしを向けつづけた人である。 あらゆる文学賞を固辞した。 不遇の人に読まれることが受賞にまさる誇りだったのかもしれ …