編集手帳

人生の中の18歳の位置

投稿日:2018年3月14日 更新日:

2018年3月14日付け「編集手帳」要約

成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。
18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。
成人の肩書を背負って観る坂道はどんな景色だろう。
契約や借金も一存で可能になるそうだから、思慮深く歩んでほしい。
その反面、背伸びをして坂上を見つめるのもいい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.30付け「編集手帳」要約

飛び立つ機会となればよい

2018年4月30日付け「編集手帳」要約 山口県下関市の東亜大が、今年度の入学生から海外での研修・留学を卒業の条件とする制度を始めた。 海外渡航を特色の一つにする大学が多い中、全員参加は例がないという …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.12.10付け「編集手帳」要約

赤い花びらに重なる子供の顔を忘れまい

2017年12月10日付け「編集手帳」要約 絵本画家いわさきちひろは、シクラメンの赤い花びらに戦争の炎を思い、一枚一枚に幼い子供の顔を描いた。 世界では今も多くの子供が紛争に苦しめられている。 本物の …

2017.07.01付け「編集手帳」要約

この半年間を顧みる

2017年7月1日付け「編集手帳」要約 きょうから7月、一年の折り返しを迎えた。 トランプ旋風、核ミサイル、「森友」、「加計」と、以外に悠長な時間だったかと思い返す。 不思議なチグハグ感がぬぐえない。 …

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …