編集手帳

児相は普通の人のように騙されるな

投稿日:2018年3月9日 更新日:

2018年3月9日付け「編集手帳」要約

虐待を疑って昨年警察が児童相談所へ通告した件数が、過去最多となった。
この数だけ虐待が収束したというわけではない。
子供はかわいがるものであって、痛めつける大人がいるとはすぐには思えない。
そのすきを突かれるのか見過ごし、または深刻に見ず、取り返しのつかない事態を招く。
先日、東京で船戸結愛ちゃんが父親から虐待を受けて亡くなった。
児相は親の姿をどう見ていたのだろう。
もはや普通の人のように騙されてはいけない職業である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.07付け「編集手帳」要約

薫風はあすも吹く

2017年5月7日付け「編集手帳」要約 日曜の終わりが近づくと、あくる日のことを考えて憂鬱になる。 大型連休の最終日と重なる本日の日曜日は一層強まることだろう。 だが、五月は鰹がうまい。 ビアガーデン …

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2018.01.17付け「編集手帳」要約

答えが地図にあるとはかぎるまい

2018年1月17日付け「編集手帳」要約 大学入試センター試験・地理Bでムーミンの舞台がフィンランドであることを前提とする問題が出た。 原作に地域の記述はない。 A国人が書けば、むろん舞台もA国…そん …

2018.07.07付け「編集手帳」要約

どんな思いで見上げればいいのだろう

2018年7月7日付け「編集手帳」要約 坂本弁護士の遺体が発見された連絡は、警察無線をいくつか経由して、東京に届いたという。 外に出て、どんな悲しい電波なんだろうと夜空を見上げたのを覚えている。 教祖 …

2017.08.21付け「編集手帳」要約

いつか必ず皆既日食を見てみたい

2017年8月21日付け「編集手帳」要約 一生に一度は見ておくべきものに皆既日食が挙がる。 米国で21日、99年ぶりの大規模な皆既日食が見られるという。 夏休みも重なり、国内外から見物客が多数集まりそ …