編集手帳

だけどちっちゃいから

投稿日:2018年2月28日 更新日:

2018年2月28日付け「編集手帳」要約

童謡「サッちゃん」は、大人のファンが以外に多いといわれる。
それは、一〜三番に共通して出ていくる〈だけどちっちゃいから〉に秘密があるという。
いかに元気な子供でも、「小さいから」が理由でどうしようもない世界がある。
高級ブランドの標準服を導入する東京の公立小学校の児童が、通行人から服をつままれるなどの嫌がらせを受けたそうだ。
バナナが半分しか食べれなかった頃を、いとも簡単に忘れる大人がいるらしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.22付け「編集手帳」要約

提言メニューをじっくりと練って欲しい

2018年1月22日付け「編集手帳」要約 経団連の時期会長に日立製作所の中西宏明会長が内定した。 趣味は料理で、魚をさばくのが得意という。 様々な食材を準備して組み立てる料理と、経営は共通するものがあ …

2017.08.23付け「編集手帳」要約

大人の失地回復に周囲の責任は重い

2017年8月23日付け「編集手帳」要約 元国連事務次長の明石康さんは、 敗戦を機に鬼畜米英を叫んでいた先生や指導者が一変した様子を見て、 「大人は信用できないない」と思った。 山梨県甲州市の中学の校 …

2017.10.14付け「編集手帳」要約

電話魔め

2017年10月14日付け「編集手帳」要約 狐狸庵先生こと遠藤周作さんは、いたずら好きとしても知られていた。 税務署や警官を名乗って、作家仲間にいたずら電話をしていた。 そのいたずらは「電話魔罪状録」 …

2018.04.07付け「編集手帳」要約

残したものは何だったのか

2018年4月7日付け「編集手帳」要約 歩けなかったクララがアルプスの草原に立つ場面を思い出し、涙腺がゆるむ方もおいでだろう。 いくつもの心温まる作品を生み出した高畑監督が82歳で亡くなった。 その人 …

2017.04.15付け「編集手帳」要約

梅若の涙

2017年4月15日付け「編集手帳」要約 梅若伝説を人々は謡曲『隅田川』にして語り継いできた。 どの時代、どの親にとっても、身につまされる悲しい劇だったからにちがいない。 今年の「梅若忌」は、9歳の少 …