編集手帳

不詳、今頃になって気づく

投稿日:2018年2月27日 更新日:

2018年2月27日付け「編集手帳」要約

部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。
スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。
いずれ地域や保護者、生徒まで巻き込んだ議論が始まるかもしれない。
ふと中学の部活顧問のつぶやきを思い出した。
時間のやりくりに苦労していたものだということを、不詳、今頃になって気づく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.25付け「編集手帳」要約

来年は第九の日本初演から100年

2017年12月25日付け「編集手帳」要約 師走の風物詩として定着した「歓喜の歌」。 1918年6月1日、坂東俘虜収容所でドイツ兵らにより日本初演が行なわれた。 この年の11月に第一次大戦終結、12月 …

2018.04.13付け「編集手帳」要約

だれの隣にも希望がいる

2018年4月13日付け「編集手帳」要約 〈絶望の隣に/だれかがそっと腰かけた/絶望は/となりのひとにきいた/「あなたはいったいだれですか」/となりのひとはほほえんだ/「私の名前は希望です」〉 アンパ …

2017.05.31付け「編集手帳」要約

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

2017年5月31日付け「編集手帳」要約 〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉 岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては …

2018.08.27付け「編集手帳」要約

大風呂敷を広げる

2018年8月27日付け「編集手帳」要約 8月のある日に丸の内の道路に「大風呂敷」という、大きなパッチワークが敷かれた。 「プロジェクトFUKUSHIMA!」の参加者が全国から寄せられた材料で作った。 …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …