編集手帳

不詳、今頃になって気づく

投稿日:2018年2月27日 更新日:

2018年2月27日付け「編集手帳」要約

部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。
スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。
いずれ地域や保護者、生徒まで巻き込んだ議論が始まるかもしれない。
ふと中学の部活顧問のつぶやきを思い出した。
時間のやりくりに苦労していたものだということを、不詳、今頃になって気づく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.20付け「編集手帳」要約

天道は是か非か

2017年5月20日付け「編集手帳」要約 〈天道は是か非か〉 少年事件ではかつて加害者少年の人権に配慮するあまり、 被害者の遺族は少年審判を膨張することさえ許されなかった。 神戸市須磨区の連続児童殺傷 …

2017.05.31付け「編集手帳」要約

緑帯、赤い帯、青い帯…への思い

2017年5月31日付け「編集手帳」要約 〈ゆめみひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯/トウがたったら青い帯/行きつく先は黄ン帯〉 岩波文庫は背表紙の色で分類されているが、かつては …

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …

2019.01.01付け「編集う手帳」要約

平成時代ありがとう

2019年1月1日付け「編集手帳」要約 平穏なお正月を、と願う方は多かろう。 成就するといい。 時をさかのぼり、家族がどんな縁やゆかりによって巡りあったか。 代わりのない大切な人を前に尋ねてみてはいか …

2017.05.11付け「編集手帳」要約

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

2017年5月11日付け「編集手帳」要約 〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。 と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。 新大統領、文在寅氏はどうだろう …