編集手帳

もっと触れたい文化がある

投稿日:2018年2月25日 更新日:

2018年2月25日付け「編集手帳」要約

かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。
アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。
その作品は毛並み、表情、しぐさ、すべてに生命がみなぎっている。
師である父は「アイヌであればこと、熊を知り、アイヌであればこと、彫り上がりに何かあるのだ」と語っていた。
国立民族博物館で作品展が開催中だ。
アイヌ語のあいさつイランカラプテには、あたなの心にそっと触れさせて下さい、という意味があるという。
もっと触れたい文化がこの国にはある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.02付け「編集手帳」要約

辛抱強く向き合うことから始めては

2017年9月2日付け「編集手帳」要約 武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。 〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。 ようするに指導者には、バ …

2018.08.03付け「編集手帳」要約

入試の看板の下で何が起こっている

2018年8月3日付け「編集手帳」要約 東京医科大学は、いい医者を育てようという考えは二の次らしい。 女子の一次試験を一律に減点していた。 「女子は結婚や出産で離職することが多く、系列病院が人手不足に …

2017.04.02付け「編集手帳」要約

代償が大きすぎる

2017年4月2日付け「編集手帳」要約 多くの場合、机上の論に経験はまさる。 経験が当てにならない場合もある。 「過去になかった」と洪水や土砂崩れのあった地域の住民が途方に暮れる。 これもまた人が経験 …

2018.01.07付け「編集手帳」要約

森林が社会にもたらす恩恵は何か

2017年1月7日付け「編集手帳」要約 手入れの行き届かぬ森林は、今や全国に広がる。 政府は整備費用に当てる森林環境税を2024年度の創設する方針だ。 森林面積に応じて自治体に配る。 無駄遣いだけは避 …

2017.08.30付け「編集手帳」要約

独裁者と通じる側に問う

2017年8月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。 緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。 核実験の準備も整えたという。 国際社会の …