編集手帳

もっと触れたい文化がある

投稿日:2018年2月25日 更新日:

2018年2月25日付け「編集手帳」要約

かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。
アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。
その作品は毛並み、表情、しぐさ、すべてに生命がみなぎっている。
師である父は「アイヌであればこと、熊を知り、アイヌであればこと、彫り上がりに何かあるのだ」と語っていた。
国立民族博物館で作品展が開催中だ。
アイヌ語のあいさつイランカラプテには、あたなの心にそっと触れさせて下さい、という意味があるという。
もっと触れたい文化がこの国にはある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.28付け「編集手帳」要約

俺たちの明日は濃い霧の中

2017年2月28日付け「編集手帳」要約 『俺たちに明日はない』という“超訳”は、邦題の名作である。 その主役を演じたウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイがアカデミー賞のプレゼンターを務めた。 司 …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.04.11付け「編集手帳」要約

48年後

2017年4月11日付け「編集手帳」要約 科学の進歩は想像を超えている、だから48年後をあまり暗い顔で見つめることはすまい。 48年後、日本の人口は8808万人減少し、約4割が高齢者が占めるという。 …

2017.09.10付け「編集手帳」要約

頑張れ「ケイスケ」

2017年9月10日付け「編集手帳」要約 「ケイスケ」と聞いて真っ先に思い浮かぶ著名人は誰か。 平成になって物心ついた世代にとって、サッカーの本田圭佑選手らしい。 20代前半から31歳の今日まで代表チ …

2017.10.18付け「編集手帳」要約

切符は何枚になったでしょう

2017年10月18日付け「編集手帳」要約 すべての国立大学が2020年度から、共通テストに英検などの民間試験を併用することを決めた。 〈話す力〉をより重視する。 読み書きはできても会話にまごつく旧世 …