編集手帳

もっと触れたい文化がある

投稿日:2018年2月25日 更新日:

2018年2月25日付け「編集手帳」要約

かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。
アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。
その作品は毛並み、表情、しぐさ、すべてに生命がみなぎっている。
師である父は「アイヌであればこと、熊を知り、アイヌであればこと、彫り上がりに何かあるのだ」と語っていた。
国立民族博物館で作品展が開催中だ。
アイヌ語のあいさつイランカラプテには、あたなの心にそっと触れさせて下さい、という意味があるという。
もっと触れたい文化がこの国にはある。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.18付け「編集手帳」要約

切符は何枚になったでしょう

2017年10月18日付け「編集手帳」要約 すべての国立大学が2020年度から、共通テストに英検などの民間試験を併用することを決めた。 〈話す力〉をより重視する。 読み書きはできても会話にまごつく旧世 …

2017.03.16付け「編集手帳」要約

星案内へ司法の発した宿題

2017年3月16日付け「編集手帳」要約 放送局で衛星中継のことを〈星送り〉と呼んだ。 それにならえばGPSは〈星案内〉とでもなろう。 漢字の「星」がカタカナの“ホシ”になると意味が変わる。 捜査機関 …

2018.07.13付け「編集手帳」要約

ロケットマンに家族の悲しみが伝わるか

2018年7月13日付け「編集手帳」要約 先ごろ平壌を訪れたポンペオ国務長官は大統領から金正恩委員長への贈り物としてエルトン・ジョンのCDを携えたという。 その中には「ロケット・マン」が収録されていた …

2018.07.26付け「編集手帳」要約

初めっから逃げることにする

2018年7月26日付け「編集手帳」要約 〈いずれ駄目になることが分かっていて、それでも破滅からいかに逃れるかというテーマに積極的に向き合わなければならない〉(「私の社会復帰」阿佐田哲也) 先ごろ国会 …

2017.10.21付け「編集手帳」要約

好景気が賃上げに回るのはいつ?

2017年10月21日付け「編集手帳」要約 きのう東京株式市場で日経平均株価が14営業日連続し、歴代1位の長さに並んだという。 企業の好調な業績は投資や賃上げに回るだろうか。 景気は長く好調を維持する …