編集手帳

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

投稿日:2018年2月24日 更新日:

2018年2月24日付け「編集手帳」要約

銃はウイルスの生態に似ている。
社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。
“感染”をさらに広げるつもりらしい。
フロリダ州の高校で銃が乱射され、17人が死亡した事件の犠牲者の家族との面会で、
学校の安全策として「教員らに銃を所持させることを検討すべきだ」と発言したという。
選挙で頼みにする支援団体の全米ライフル協会の提案そのものである。
学校が武装化して銃が売れなくなることはあるまい。
薄汚い観測も流れよう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.20付け「編集手帳」要約

頼るべき友人が現れた

2017年10月20日付け「編集手帳」要約 囲碁の完璧な人工知能(AI)を開発したと、米グーグル系企業が発表した。 定石を一切習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だという。 …

2017.02.05付け「編集手帳」要約

心に日の差す時間が延びるといい

名のみの春ともいうが、日は長くなった。 そのように、人の心に日の差す時間も延びているといい。 「ただ寂しい」。 熊本地震で被災し、借家の「みなし仮説」に独り暮らす70歳の女性の言葉である。 被災者の孤 …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …

2017.02.14付け「編集手帳」要約

曇りの日に恋しい人

きょうは山本周五郎の没後50年の命日。 浮世の辛酸をなめて生きる市井の人々に慈愛のまなざしを向けつづけた人である。 あらゆる文学賞を固辞した。 不遇の人に読まれることが受賞にまさる誇りだったのかもしれ …